UCL:サネッティ「我々の旅にとって重要な試合だ」

 UCL組み合わせ抽選後、ネラッズーリ副会長は「手強い相手と対戦することになるが、我々はインテルだ。再び表舞台に立ちたい」とコメントした。

 モンテカルロ発 - モンテカルロのグリマルディ・フォーラムで、ネラッズーリ副会長のハビエル・サネッティ2019-20シーズンUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ組み合わせについてコメントした。インテルはグループFでバルセロナ、ボルシア・ドルトムント、スラヴィア・プラハと対戦する:「4つのビックチームが顔を合わせるタフなグループとなった。しかし我々がこの旅を続けようとするならば、このような試合は大歓迎だ。我々が再びキープレーヤーとなり、目標を達成したいのなら、このようなステップを乗り越えなければならない。選手たちは準備万全だし、良いプレシーズンを過ごした。彼らは既にレッチェ戦で、自分たちの力を証明した。リーグとチャンピオンズリーグで同じようなスタイルを見せ続けられることを望んでいる。これらの試合にベストの状態で臨めるように準備を進める」

 「バルセロナは長い間チャンピオンズリーグの常連で、一際優れた選手を擁している。しかし同じグループの他の2チームも手強い相手だ。自分たちのゲームをしなければならない。それがピッチでどのように機能するか見てみよう。我々は良いチームだ:国際舞台での経験が豊富な選手を獲得した。ラウンド16に進出するために、グループステージで良いプレーをする必要がある。手強い相手と対戦することになるが、我々はインテルだ。レッチェ戦では、相手ゴールに向かってゲームを進めようと常に試みるチームを見ることができた。これは特筆すべきことだ。監督はチームのパフォーマンスに大変満足している。タフなシーズンになるとわかっているが、彼は正しいメンタリティーを持ち込んだ。我々全員が、彼がどのようにサッカーに取り組んでいるか知っているし、彼はその熱意と勝利への望みをチームに伝えた」


Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版 

Load More