ロメル・ルカクがインテルと契約締結

 同ベルギーFW選手が2024年まで契約を結んだ。

 ミラノ発 - ロメル・ルカクのインテル正式加入が決定。マンチェスター・ユナイテッドから完全移籍でネラッズーリにやって来た同ベルギー人は2024年6月30日までの契約にサインをした。

 ネラッズーリ選手となったルカクの最初のコメント:「インテルは僕が求めていた唯一のクラブだ、なぜならインテルは Not For Everyone だからだよ。ネラッズーリを頂に戻すためにここへ来た」

 野心と覚悟。ロメルは6歳の時に母親にプロサッカー選手になり、家族の幸せに貢献すると約束した。「それを実現させる」6歳の少年は既に揺るぎない目標を掲げた:プロサッカー界の中に入り込む。

 1993年5月13日、ベルギーのアントウェルデンでロメル・ルカクは生まれた。両親はコンゴ人、父親はザイールのサッカー代表選手だった。サッカーは彼の遺伝子の中に組み込まれていた。5歳の時にボームでサッカーを開始し、リールセSKに移籍。そこでルカクは同ユースリーグで伝説となった記録を打ち立てる:68試合121得点。その後加入したRSCアンデルレヒトでは3シーズンで93試合131得点。この結果、ルカクは16歳の時にトップチームに昇格した。リーグとベルギー・スーパーカップ優勝を経験したルカクは2011年にチェルシーに移籍する。

 イングランドの舞台が彼を本物の選手として成長させる:同選手はチェルシー、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、エヴァートンと渡り歩き、マージサイドのチームに所属時に同選手は潜在能力を最大限に発揮した:166試合87得点。2017年にマンチェスター・ユナイテッドに完全移籍して96試合42得点を記録。ルカクはプレミアリーグで史上8番目の最多得点を記録した外国人得点者(113得点)となり、過去7年間のプレミアリーグキャリアでは毎年10ゴール以上を奪った。加えて彼はベルギー代表歴代最多得点者でもある:81試合48得点。昨年のロシアW杯では3位に輝いた。

 新しいサッカーシューズを買うお金がなく父親とサッカーシューズを共有した日々から、彼のサッカーの情熱は体の深い場所から湧き出している。彼の年齢は常に質問の対象になった:彼のユースチームの同僚と比べると、既に体格は別次元だった。そして誰も彼のフィジカルパワーを信じられなかった。ロメルは可能な限り全てのサッカーの試合出場と観戦を望んでいたのだ:サッカーに対する生粋の愛、チームメイト、対戦相手、コーチ、プレースタイルに関する深い理解力。 彼はフィールドで起こるすべてのことに常に注意を払って認識する。 これら全要素を野心、覚悟と組み合わせることで、ルカクは決して自身の資質を失うことがない。

 そして今、ロメル・ルカクはインテル選手となった。ようこそ、ネラッズーリファン全員からの期待を君に贈る。#WelcomeRomelu


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版  Versión Española 

Load More