インテル 1-0 ウディネーゼ戦の統計データ

 センシの得点が決勝点となった今季セリエA第3節インテル対ウディネーゼ戦の重要なスタッツを紹介する。

 ミラノ発 - Opta社の協力のもと、スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァでインテルが1-0で勝利したウディネーゼ戦のデータを集めた:

 

  • 勝利時の勝点3に変更されてから、インテルは5度目のセリエA開幕3連勝を飾った。
     
  • インテルは1962年以来初となるセリエAウディネーゼ戦4試合連続無失点を達成した。
     
  • インテルはセリエA直近4試合で全勝。これはそれ以前の10試合で収めた勝利数と並ぶ。
     
  • センシはインテル選手として初のホーム戦2試合で得点を奪った。同選手以前に同じ記録を達成したのはパブロ・ダニエル・オスヴァルド(2014年)とサミュエル・エトオ(2009年)
     
  • センシは出場したセリエA直近7試合のウディネーゼ戦で3得点を記録。少なくとも他のチームとの対戦より2得点多い。
     
  • センシはキャリア最多ゴール数(セリエAの1シーズン)に並んでいる(2017-18と2018-19シーズンの2得点)。
     
  • サンチェスはウディネーゼ選手として最後の試合に出場してから3037日ぶりのセリエAマッチ出場となった。
     
  • R昨夜の試合でロドリゴ・デ・パウルはセリエAで2度目の退場処分を受けた。セリエAでの最初のレッドカードは2017年5月のサンプドリアせん。


Versione Italiana  Versión Española  中文版  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More