コンテ「我々がやりたいサッカーの種類ではない」

 インテル対スライヴィア・プラハ戦後の同ネラッズーリ指揮官:「正しい解決策を見つけ出せなかった。私がこの全ての責任を負う人物だ」

 ミラノ発 - インテルの今季UEFAチャンピオンズリーグはバレッラの劇的なゴールで引き分けとなった。アントニオ・コンテのコメント:

 「スラヴィア・プラハはインテンシティーを持って我々を攻撃をして冷酷な一面も示した。正しい解決策を見つけ出すことはうまくいかず、苦戦し過ぎたよ。今夜のパフォーマンスには満足できない、我々がやりたいプレーを披露しなかったからね。私が実行した選手起用の面でも、明らかに私が望むものが選手たちに十分に理解させなかったので、大半の責任は私が負う」

 「もっと多くをできたね、この責任は私が負う。これはなぜ我々が練習し、体現を望むサッカーの種類ではないからだ。自分たちの個性の部分でも改善が必要である。だから私はこの"旅路"について話しているんだ。選手たちは冷静を保たないといけない、成長している時、これは通常のステップだよ」

 最後に選手について:「私は個々の選手について喋らない、今日のチーム全体として及第点だった。チームは継続して仕事を続ける必要がある、私の仕事は彼らを改善することだ。だから私はここにいる」


Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versión Española  Versione Italiana  English Version 

Load More