『FINANCIAL FAIR PLAY – DOES IT MATTER?』にスティーヴン・チャンが出席

 同ネラッズーリ会長がミラノのボッコーニ大学のメインホールで開催されたコンファレンスで話し合った。

 ミラノ発 – 19日(木)ミラノのボッコーニ大学のメインホールで『Financial Fair Play – Does it matter?』の名が付いたコンファレスが開催された。同会議の目的はFFPの導入から10年後の欧州サッカークラブの損益計算書と貸借対照表への影響を議論することだった。

 同コンフェレンスでUEFA副会長ミケーレ・ウヴァ、先日欧州クラブ協会役員メンバーに選出されたFCインテルナツィオナーレ・ミラノ会長スティーヴン・チャン、ユヴェントスとECA会長を務めるアンドレア・アネッリ、オリンピック・マルセイユ会長ジャック=アンリ・エイロー、UEFAマネージング・ディレクターのアンドレア・トラヴェルソが 『ファイナンシャル・フェアプレイの成果と将来の見通し」に関する議論をした。

2016年に蘇寧グループは和解契約の範囲内での制限を尊重する必要があるという認識でクラブを買収を実行。 これは真剣かつ透明性をもって行われたコミットメントであり、インテルは2019年に和解契約を終了したのだ。同時期にはインフラ、ファーストチーム、プリマヴェーラ、女子サッカーチームへの投資を行い、目に見える革新を実施した。

 蘇寧グループはインテルを可能な限り世界的かつ革新的なブランドにすることを目指しており、若者にも焦点を当てている。 これはスポーツマネージメントとエンターテインメントの両方の観点から、各側面に取り組むことを目指している。


Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版 

Load More