カリアリ 1-2 インテル:統計データ

 サルデーニャ・アレーナでのインテル勝利に関する数字とデータ

 ミラノ発 – アントニオ・コンテを監督に擁するインテルはラウタロ・マルティネスとルカクのゴールによってリーグ2連勝を収め、獲得可能な全ての勝点を手にして代表ウィークに入った。ネラッズーリが開幕2連勝を果たしたのは直近5シーズンでこれが3度目だ。均衡を破る先制点を決めたエル・トロにとって、カリアリは最も相性の良い対戦相手の1つだ:ラウタロにとってカリアリはセリエA初ゴールを決めた相手であるばかりでなく、1ゴール以上奪ったことのある唯一のチームなのだ(計3ゴール)。今回のカリアリ戦でのゴールは同アルゼンチン代表がセリエAで決めた4つ目のヘディングゴール(計7ゴール)であり、この試合で最初の枠内シュートだった。同じことはカリアリの同点ゴールにも当てはまる。またこのラウタロによる先制弾は、インテルが4月のユヴェントス戦以来初めてセットプレーから決めた得点となった。カリアリ戦72分に冷静にPKを決めてインテルの勝利を守ったルカクは、2試合で2ゴールを記録している。これにより同選手は、ネラッズーリとして初めてのセリエA 2試合で連続得点した1994-95シーズン以来4人目の選手となった。その他の3人はステヴァン・ヨヴェティッチ、ジャンパオロ・パッツィーニ、ロベルト・カルロスだ。


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versión Española 

Load More