ダンブロージオ「ハードルが上がる」

 インテルの#DerbyMilano勝利のキーパーソンとなったネラッズーリの試合後コメントを紹介する。

 ミラノ発 – 不運にもポストに直撃したシュートや相手GKにセーブされたバイシクルシュートなど、残念ながら自身は得点することができなかったものの、ダニーロ・ダンブロージオは再び献身的なパフォーマンスを見せた。同選手は試合後にインテルTVのインタビューで次のように語った:「なぜ自分が得点できなかったか?僕はいつでも自分にできる最大限のことをしようとしているよ。ゴールを決めたとほとんど確信したけれど、それは間違いだった。幸運なことに、それは最終的な結果に影響しなかったね。MFとして中盤でプレーするなら、DFとしてプレーしている時よりも得点の機会を作ることは簡単だ。僕にとって大きな違いはないよ。動きは変わるが、勝つためには常に高い集中力が必要になる」

 「このチームは、去年僕たちよりも良かったトップクラスのチームに苦戦させるために作られた。レースは始まった、僕たちはトップにいるけれど、今はまだ9月だ。コンテのような監督はハードルも上げるが、期待も高まる。僕たちにとって引き分けは敗北と一緒だ。僕たちのゲームの動きはミランのものとは異なるが、僕たちには改善すべき点がたくさんあるし、まだ100%の状態ではない。献身性と向上したいという強い気持ちがあれば、きっともっと成長できるだろう」


中文版  English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More