ミラン 0-2 インテル戦の統計データ

 ネラッズーリが勝利を収めた昨夜の#DerbyMilanoに関する統計データ。

 ミラノ発 - 昨夜の#DerbyMilanoは青と黒の2色に染まった:インテルはブロゾヴィッチとルカクのゴールで2-0の勝利を収め、100万を超えるネラッズーリのファン達は歓喜に沸いた。Opta社の協力のも下、サン・シーロで行われた昨晩の試合に関する統計データを紹介する。

  • インテルはこの勝利によりセリエAにおけるミラノダービー直近7試合で無敗記録(4勝3分)を更新、これは1999年3月以来の記録となる。
  • インテルは今季4本のシュートをゴールポストに阻まれた。その全シュートがイタリア国籍の選手によるものだ。
  • ミランとインテルは今季前半で得点を挙げていない唯一のチームである。
  • マルセロ・ブロゾヴィッチは直近6シーズン連続で1シーズン最低1得点を決めたセリエA唯一のミッドフィールダーだ。
  • ブロゾヴィッチはセリエAのミラノダービーで得点を挙げたボバン、ペリシッチに続く3人目のクロアチア国籍選手である。
  • ブロゾヴィッチが挙げた直近3ゴールは全てペナルティエリア外から放たれたシュートから生まれている。
  • 直近4シーズンでロメル・ルカクはシーズン開幕から第4節までの間に3得点を挙げている。
  • ルカクは2018年9月2日のプレミアリーグ、バーンリー戦以来となるヘディングシュートからの得点を記録した。


English Version  Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

Load More