ミラノ新スタジアム

 A.C.ミランとF.C.インテルナツィオナーレ・ミラノが両クラブの新スタジアムの最終選考に残ったデザインとサン・シーロエリアの再開発計画を発表した。

 ミラノ発 – 2019年9月26日、ミラノ – 今日ミラノ工科大学で開催されたイベントの中で、A.C.ミランS.p.A.(ACミラン)とF.C.インテルナツィオナーレ・ミラノS.p.A.(FCインテルナツィオナーレ)はサン・シーロ地区周辺のエキサイティングな都市再開発プロジェクトの計画に加えて、新ミラノスタジアムの最終候補のコンセプトデザインを発表した。 

 Manica / Sportiumの“The Rings of Milano”は2つのクラブが連結し、完璧なバランスで離れ、永遠に対立するという物語を象徴する2つのリングで構成されている。 そして今、ミラノで最も名高い伝統の1つを維持する目的を果たすために団結することになった。新スタジアム共同所有者の両チームのブランディングと各チームのホーム戦はLEDと構築的解決策で実現される。ミラノ新スタジアムはより広範囲に及ぶ総合計画開発で慎重に統合され、ミラノの人々が一年を通して体験できるようサン・シーロを公園と娯楽地区に再活性化する予定だ。さらにオリジナルピッチの場所を保存し、すべての人が楽しめるコミュニティへの贈り物として再考される。

 Populousの“The Cathedral”はミラノで最も象徴的な2つの建物(ドゥオーモとガレリア)からインスピレーションされた。 実際、太陽に照らされたガレリアは上品なファサードパターンガラスに囲まれたスタジアムを取り囲み、 The Cathedralは特注設備でファンやサポーターのための独特なホームを作るように設計されている。同スタジアムはヨーロッパで最も持続可能なように設計:ガレリアは自然に冷却され、受動的に加熱し、スタジアムの屋根には太陽電池パネルが並ぶ。そしてすべての屋根から集められた雨水は再利用され、10,6480平方メートルの緑地に囲まれた同スタジアムは水の流出を減少させる。

 FCインテルナツィオナーレのコーポレートCEOアレッサンドロ・アントネッロのコメント:「サン・シーロの新スタジアムは一年を通してアクセス可能な非常に現代的かつ緑豊かな住みやすい地域の中心に位置するだろう。ミラノの街に歴史的に組み込まれている革新と発展で形成されたDNAがこのプロジェクトを反映しており、ここ最近の進展はミラノをアバンギャルド、魅力的、国際的な都市に戻している。この多機能地区はサン・シーロエリアがヨーロッパ及び世界の卓越したスポーツとエンターテイメントの目的地として再び地位の確立を目指すため、エコな持続性可能分野の最高水準で建設されるはずだ」

「ACミランとFCインテルナツィオナーレは70年間以上サン・シーロを共同使用してきた。このプロジェクトの強みはミラノ新スタジアムのために両クラブが共に取り組むことだ。これは投資の増加、ミラノに一年中活気のあるスポーツとエンターテイメントエリアを提供する共通目標を意味する。そして両チームの試合やイベントなどの結果、3,500人以上の雇用創出をする」- ACミラン会長パオロ・スカローニのコメント。

 本日のプレゼンテーションで両クラブは制度上のプロセスと並行して、ミラノ市、家族、ファンとの共同協議を開始する予定:調査はまもなくwww.nuovostadiomilano.comで開始される。

 

1/20


Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版 

Load More