サンプドリア 1-3 インテル:統計データ

サンプドリア 1-3 インテル:統計データ

 ネラッズーリが1-3の勝利を収めたセリエA第6節の統計データをまとめた。

  ジェノア発 – アントニオ・コンテのインテルはセンシ、サンチェス、ガリアルディーニのゴールによって1-3でサンプドリアに勝利し、セリエA TIM 2019-20シーズン開幕以降の連勝記録を伸ばし続けている。

この試合の統計データを以下にまとめた:

  • インテルがセリエAで開幕6連勝を飾ったのはクラブ史上2回目だ(1回目は1966-67シーズン)。
  • アントニオ・コンテは、1994-95シーズン以降のセリエAで、新しいチームの監督就任後最初の6試合連勝を果たした4人目の監督だ。その他の3人はチロ・ファラーラ(ユヴェントスで2009年)、リュディ・ガルシア(ローマで2013年)、マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントスで2014年)。
  • ステファノ・センシは今シーズンのセリエAで、インテル選手の中で最多となる5ゴールに直接関与している。
  • ステファノ・センシは、サンプドリア戦で初めてセリエAの1試合で2ゴールに関与した。
  • 今季セリエAのインテルの13ゴールのうち、7ゴールはミッドフィルダーが得点している。
  • アレクシス・サンチェスはウディネーゼ選手として臨んだ2011年3月のカリアリ戦以来、3,121日振りにセリエAで得点した。
  • インテルは、サンプドリア戦20分からわずか128秒間で2ゴールを決めたが、これは2018年3月のセリエA戦に次ぐ短さだ。当時インテルは、同じくフェッラーリスでサンプドリア相手に92秒間で2ゴールを記録した。
  • ロベルト・ガリアルディーニは、セリエAで決めた8ゴール中3ゴールをフェッラーリスで記録している。
  • アレッサンドロ・バストーニ(20歳168日)は、2013年5月のシモーネ・パサ(当時19歳118日)に次ぐインテル史上2番目の若さでセリエA先発デビューを果たした。


Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  中文版 

Load More