サンチェス「勝利するために全力を尽くす」

 同チリ人選手のコメント:「共に闘わないといけない、チームの結束力が違いを生み出せる」

 ミラノ発 - アレクシス・サンチェスはモチベーションと興奮を求めている。インテル加入後に新しいチームメイトとのチーム練習を終えた同チリ人選手がインテルTVで第一印象から目指す目標を語った:「まずはチームメイトに感謝したい。ここのグループは最高だ、彼らは最初の練習から歓迎してくれたよ。何かを勝ち取る手助けをするためにここにいる。なぜなら僕は闘いたいからだ。監督も勝利を収めたいと望んでいて、僕はそのためにここにいるよ」

 ウディネーゼで頭角を現し、ラ・リーガ、プレミアリーグ(アーセナル、マンチェスター・ユナイテッド)での経験が、彼のサッカーへの情熱を失うことなく彼を成長させた:「サッカーをプレーするにあたり、何かを勝ち取りたいという同じ願望をずっと持っている。サッカーが大好きで、サッカーをすることが僕を幸せにするんだ。今はここにいて、優秀な選手が揃う偉大なるチームに加入し、何かを成し遂げるためにここにいる」

 「過去の経験で最も感銘したこと?プレミアリーグでのフィジカル、ペース、パワー、インテンシティーだね。イタリアとスペインリーグとは異なる種類のサッカーだと思う」

 インテルに移籍したアレクシスは過去のチームメイトと再び仲間になった。同チリ人はウディネーゼ選手時代にハンダノヴィッチとアサモア、昨季まではマンチェスター・ユナイテッドでルカクと同じユニフォームを着ていた:「過去のアサモアは決して多くを語らなかったが、今はより喋っているし、幸せそうで良かった。ハンダノヴィッチは試合前に何時も話しているキャプテンで、チームにエネルギーを与え、このチームには大きな存在だ。カンドレーヴァもウディネーゼ時所属時から知っている。ルカクとここでプレーできることが嬉しい。マンチェスター・ユナイテッドから彼を知っているし、僕らは多くを話して、同じ時間をたくさん過ごしている。彼は僕の友達だ」

 サンチェスは数週間後に古巣との対戦を控えている。先日モンテ・カルロで開催されたチャンピオンズリーグ・グループステージ組み合わせ抽選会でインテルはFCバルセロナと同組になった:「バルセロナ戦は常に特別な試合だよ、僕はあのチームで多くを勝ち取った。本当にタフな試合になるけど、ここには勝利するための選手が揃っている。だから真っ向勝負だ」

 アレクシスの目にはチームの団結力が必要不可欠と映っている:「何かタイトルを掴みたい。だが僕らは共に闘わないといけないよ。チームとして臨まないと勝利できない。チームとしての結束を保てれば、僕らは成功するだろう。自分自身とチーム全体が可能な限り全力を尽くす。そして何かを勝ち取るよ。僕はそのためにここにいる」


Versione Italiana  English Version  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

Load More