インテルが今季初黒星をユヴェントス戦で喫する

 ディバラの開始直後の先制点で陥ったビハインドをラウタロのPKで覆すも、イグアインにゴールを許し1−2で敗北。

 ミラノ発 - セリエA TIM第7節のユヴェントス戦を2−1で落とし、インテルは今季初の敗北を喫した。立ち上がり、ディバラに先制点を許すもラウタロ・マルティネスのPKで同点に追いつく。だが80分、ゴンザロ・イグアインに追加点を奪われ、サン・シーロで今季初黒星を喫した。

 あまりに苦い敗戦。常と変わらぬ闘志で挑んだものの、センシの負傷退場の影響を受け統率を乱したインテルは接戦を取りこぼした。ピッチのいたるところで一騎打ちが繰り広げられた熱戦で、インテルはユヴェントスのストライカー、2人のアルゼンチンの雄が生み出すクオリティを前に膝を折ることとなった。

 4分、ユヴェントスが早々にゴールを奪う。ハーフウェーラインからピアニッチがピンポイントのパスを前線へ供給。このボールを受けたディバラの左足が一閃、ハンダノヴィッチの指先をかすめサイドネットを揺らした。今季初となる前半の失点で厳しい立ち上がりに甘んじたインテルは、更なる猛攻に曝される。7分、マテュイディのボールカットから左サイドを抜け出したロナウドがフィニッシュ、ここはゴディンが間一髪でエンドラインに逃れる。8分にはデ・リフトのロングフィードを受けた同選手がカットイン、左足を振り抜くがボールはクロスバーを叩く。失点のショックから持ち直しを図るインテルは徐々に反撃に転じ、18分には同点に成功。エリア内の競り合いでデ・リフトがボールを肘でブロック。ロッチ主審がハンドによるPKを指示すると、ラウタロが精密なキックでこれをゴール左隅へと突き刺し試合を振り出しに戻した。

 28分、カウンターから抜け出したラウタロとのワンツーからルカクがボヌッチとボックス内で1対1となるも、相手DFがこの勝負を制する。33分、インテルは負傷によりプレー続行不能となったセンシを下げ、ベシーノをピッチへと送り出す。41分にロナウドが放ったグラウンダーの鋭いシュートは、ハンダノヴィッチがブロック。同選手はその直後、最終ラインを抜け出しボールを流し込むも、楔となったデュバラがオフサイドポジションに居たとし、主審はノーゴールの判定を下す。

 後半も試合は猛攻を仕掛けるユヴェントスに対し、インテルが最終ラインからスペースを狙う同様の展開を見せる。膠着状態に陥り疲労を色濃く滲ませ始めた両陣営は、サッリがベンタンクールとイグアインを、コンテがゴディンに代えバストーニを投入し、状況の打破を図る。69分、ベシーノが絶好のチャンスを逸する:デ・リフトにあたり軌道の変わった同選手のシュートはシュチェスニーの逆を突くも、ポストを叩き枠外。対するユヴェントスはロナウドが角度のない位置からニアポストを狙うも、ハンダノヴィッチが好セーブで阻む。

 80分、インテルが失点。エリア手前でボールを回すユヴェントスは、ベンタンクールのパスを受けたイグアインが、ファーサイドへ右足で叩き込みゴールを陥れる。1点を追うインテルは反撃へと転じ、85分にダンブローシオの素晴らしいパスに走り込んだベシーノが至近距離からシュートを放つも、シュチェスニーの牙城を崩すことは叶わなかった。猛攻実らず同点のゴールを奪えないまま、スタジアムにタイムアップの笛が鳴り響いた。

 1−2で喫した今季初の敗北により、勝点を19ポイントに積み上げたユヴェントスがセリエA首位に浮上。インテルは2位に後退したものの、その差は僅か1ポイントだ。過酷な連戦を終えたインテルは2週間のインターナショナルウィークをはさみ、10月20日(日)現地時間12時30分(日本時間19時30分)開催の次節をサッスオーロで闘う。いかなるときも、永遠に、#ForzaInter!

インテル 1-2 ユヴェントス

インテル(3-5-2):1 ハンダノヴィッチ;2 ゴディン(54分 95 バストーニ)、6 デ・フライ、37 シュクリニアル;33 ダンブロージオ、23 バレッラ、77 ブロゾヴィッチ、12 センシ(34分 8 ベシーノ)、18 アサモア;10 ラウタロ・マルティネス(78分 16 ポリターノ)、9 ルカク
ベンチ:27 パデッリ、13 ラノッキア、21 ディマルコ、5 ガリアルディーニ、19 ラザロ、20 ボルハ・バレロ、34 ビラーギ、87 カンドレーヴァ、30 エスポージト
監督:アントニオ・コンテ

ユヴェントス(4-3-1-2):1 シュチェスニー;16 クアドラード、19 ボヌッチ、4 デ・リフト;12 アレックス・サンドロ、6 ケディラ(62分 30 ベンタンクール)、5 ピアニッチ、14 マテュイディ ;33 ベルナルデスキ(62分 21 イグアイン);10 ディバラ(71分 23 エムレ・ジャン)、7 ロナウド
ベンチ:31 ピンソーリョ、77 ブッフォン、8 ラムジー、24 ルガー二、25 ラビオ、28 デミラル
監督:マウリツィオ・サッリ

得点者:ディバラ(4分)、ラウタロ・マルティネス(18分/PK)、イグアイン(80分)
イエローカード:アレックス・サンドロ、エムレ・ジャン、ピアニッチ、ベシーノ、バレッラ
アディショナルタイム:3分 +4分

主審:ロッチ
副審:メリ、カルボーネ
第4審判:メレスカ
VAR & VARアシスタント:イラッティ、ペレッティ


中文版  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana 

Load More