シュクリニアル「向上する必要がある、ハードーワークを続けるよ」

 スロヴァキア出身の同DFがコメント:「僕らは良かったけど、十分ではなかった」

 ミラノ発 - サン・シーロでユヴェントスに1−2で敗れ、インテルは今季初の敗戦に涙を飲んだ。ミラン・シュクリニアルが試合後、スカイスポーツとインテルTVに対し今季初の敗戦を喫するに至った理由を語った:「このユヴェントス戦でも、この前のバルセロナ戦でも僕らは良い試合をしたけど、十分ではなかった。両試合でボールをキープし、チャンスを作り出したけど、得点を奪えなかった。ユヴェントスの強さは知っていた。課題は山積みで、様々な部分で向上する必要がある。守備に回るときはエリア内でアグレッシヴにプレーしなければならない。もっとマンツーマンで守る必要がある」

 「歩みを止めては駄目だ、まだプレーすべき試合が沢山ある。僕らは敗北し、それには失望している。もしかしたら僕らは、ハイプレスをかけるべき時間帯と引いて守りに入るべき時間帯を取り違えたのかもしれない。この点でまだ成長する必要があり、それを実現するつもりだ。監督は僕らが後ろからビルドアップすることを求めており、多くの場面でプレスを交わしそれを実践することができた。これを続け、今後もハードワークをしていくつもりだ」


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versione Italiana 

タグ: skriniar
Load More