ステッリーニ:「75分間圧倒的な試合をしたが、今後の試合ではもっと上手くやる必要がある」

 インテルのアシスタントコーチが、サッスオーロに4-3で勝利したアウェイ戦を振り返り、「終盤のブラックアウトは詳細に分析するつもりだ。我々の旅は再開したが、やるべきことはたくさんある」と語った。

 レッジョ・エミリア発 – マペイ・スタジアムでランチタイム・キックオフで行われたサッスオーロ対インテル戦は、多くのゴールが生まれたエキサイティングな試合となった:圧倒的な試合をしたネラッズーリだったが、終盤15分間はサッスオーロに猛追を許してしまった。アントニオ・コンテ率いるインテルは最終的に4-3で試合を終え、今季セリエA第8節にして7勝目を収めた。

 試合後はインテルのアシスタントコーチであるクリスティアン・ステッリーニがジャーナリストの前に現れ、試合後記者会見での監督の欠席を説明した:「アントニオは少し体調を崩している。試合前にも熱があった。チームを指揮するためにいつも通り90分間全力を尽くしたし、ベンチに留まることができたが、その影響を今感じている」

 その後ステッリーニは試合について分析した:「代表ウィーク後にピッチに戻り、テンポを取り戻すことは常に簡単ではない。チームに戻るのが遅くなった選手は尚更だ。これは多くのチームに言えることであり、我々だけの問題ではない。試合開始から70分から75分の後は難しかったが、そこでのブラックアウトは詳細に分析するつもりだ。我々の旅は再開したが、今後の試合ではもっと上手くやる必要がある。だからもっとハードワークを行わなければならない」


中文版  Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

Load More