素晴らしいチャンピオンズリーグの夜:インテルがサン・シーロでボルシア・ドルトムントに2-0で勝利

 ラウタロ・マルティネスとカンドレーヴァがゴールを決め、インテルの勝点は4になった。

 ミラノ発 – ネラッズーリがチャンピオンズリーグで勝利を味わった。インテルはサン・シーロでボルシア・ドルトムントを迎え撃ち、ラウタロ・マルティネスとアントニオ・カンドレーヴァのゴールによって2-0の勝利を収めた。アントニオ・コンテ指揮下のインテルは卓越したパフォーマンスを示した。チームは危険なチャンスを作り出し、いつどのようにドルトムントの攻撃を阻止すべきか知っていた。インテルの守備が突破されることは少なかった一方で、相手の守備の壁を破ってゴールを奪った。その結果、ネラッズーリはこのチャンピオンズリーグ戦で順当に価値ある勝利と勝点3を手に入れた。

 前半は多くの人が予期していたようにはならなかった。ドルトムントはフォーメーションを変更していつもの4-2-3-1ではなく3-4-3で試合をスタートし、守備の際には5-4-1で対応した。そしてネラッズーリに中盤で展開するスペースと時間を与えないようにピッチ中盤に多くの選手を配置した。このコンパクトなスタイルで試合の最初の10分は進み、どちらのチームも枠内シュートを放つことはなかった。インテルの攻撃を阻止しようとするBVBに競り負けることなく、ネラッズーリは中盤でスペースを作ろうと試み続ける。

 試合開始から19分、カンドレーヴァがドルトムントゴール前へクロスを上げるが、ラウタロは一歩及ばずにシュートに持ち込めなかった。だが22分、サッスオーロ戦と同じようにデ・フライがアシストを記録する。同選手がドルトムントDFの頭上を越えてラウタロにロングパスを送ると、ラウタロはいったん胸でトラップし、BVBキーパーのビュルキの股を抜いて先制点を決めた。オフサイドの疑いによりVARの確認を受けることとなったが、最終的に主審のアンソニー・テイラーによりこの得点は有効と判断された。

 しかしこのゴールが両チームの戦術に影響を与えることはなかった。同じプランの通り、そして対人戦で競りながら試合が進められていく。常にポジションを変えながら、流れるような攻撃を仕掛けてくるドルトムントにネラッズーリ守備陣は翻弄される。そしてわずか数分後にBVBに同点弾のチャンスが訪れた。週末のベラルディのゴールをなぞるかのように、サンチョがハンダノヴィッチと1対1となる。しかしインテル守護神は至近距離からのサンチョの右足シュートを見事にセーブした。このインテルGKの好プレーのおかげで、ネラッズーリは1点のリードを守ってハーフタイムを迎えた。

 後半になると、アウェイチームは前半までとはアプローチを変えてきた。BVBは高い位置からよりアグレッシブなプレーをしてきたが、これによってピッチ上に大きなスペースが空くようになる。ドルトムントは特にハキミが活躍し、同選手のクロスから多くチャンスを演出する。64分、デ・フライに当たって軌道が変わったブラントのシュートにハンダノヴィッチが素早く反応してセーブする。対するインテルもチーム一丸となってプレーし、ラウタロを中心にドルトムント守備陣を脅かす。62分にはセバスティアーノ・エスポージトがルカクに代わって途中出場する。17歳の同選手はネラッズーリのユニフォームで2回目の公式戦出場とチャンピオンズリーグ・デビューを果たした。この若い選手はチャンピオンズリーグの特別な雰囲気に気押されることなく、BVB相手に好機を作る。75分にはインテルのゴール前で混戦となったが、最終的にカンドレーヴァがクリアしてピンチを脱した。

 83分、ネラッズーリにビックチャンスが訪れる。ドルトムントのエリア内でエスポージトがフンメルスに倒され、PKを獲得したのだ。ラウタロがキッカーを務めたが、残念なことにこれはビュルキにセーブされた。この好セーブがBVBにとっては追い風に、またインテルにとっては大きな落胆となったが、ドルトムントはネラッズーリのゴールを奪うには至らない。そして89分、インテルが決勝弾を記録する:ブロゾヴィッチのスルーパスを受けてカンドレーヴァが見応えのあるシュートを決めて2-0とした。

 順当な勝利を挙げたインテルは勝点4ポイントとなり、グループFでボルシア・ドルトムントと並ぶことになった。両チームの上位にいるのはバルセロナだが、このスペインのチームは同時刻にプラハで行われた試合でスラヴィア・プラハ相手に2-1の勝利を収めている。この重要な勝利はインテルにとって次の試合に向かうこの上ないモチベーションとなる。インテルは10月26日(土)現地時間18時(日本時間27日1時)にパルマと対戦する。23日はメアッツァでファンタスティックな夜を経験することになった。いつまでも#ForzaInter!

インテル 2-0 ボルシア・ドルトムント

インテル(3-5-2):1 ハンダノヴィッチ;2 ゴディン、6 デ・フライ、37 シュクリニアル;87 カンドレーヴァ、5 ガリアルディーニ、77 ブロゾヴィッチ、23 バレッラ、18 アサモア(80分 34 ビラーギ)、10 ラウタロ・マルティネス(90分20 ボルハ・バレロ)、9 ルカク(62分 30 エスポージト)
ベンチ:27 パデッリ、95 バストーニ、19 ラザロ、16 ポリターノ
監督:アントニオ・コンテ

ボルシア・ドルトムント(3-4-3):1 ビュルキ;15 フンメルス、33 ヴァイグル、16 アカンジ(74分 34 ラーセン);5 ハキミ、28 ヴィツェル、6 デラニー(66分 8 ダフード)、14 シュルツ;7 サンチョ、19 ブラント、23 アザール(84分 13 ゲレイロ)
ベンチ:35 ヒッツ、2 ザガドゥ、10 ゲッツェ、26 ピシュチェク
監督:リュシアン・ファーヴル

得点者:ラウタロ(22分)、カンドレーヴァ(89分)
イエローカード:ブロゾヴィッチ、バレッラ、ゴディン、ヴァイグル、フンメルス、カンドレーヴァ
アディショナルタイム:1 + 3分
注:ビュルキが83分にラウタロのPKをセーブした。

主審:テイラー
副審:ベスウィック、ナン
第4審判:クート
VAR & VARアシスタント:アトウェル、ティアニー


Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versione Italiana  Versión Española 

Load More