マロッタ:「基準を上げよう、成長の旅は続く」

マロッタ:「基準を上げよう、成長の旅は続く」

 株主総会後のネラッズーリCEOのコメント。

 ミラノ発 - FCインテルナツィオナーレ・ミラノ株主総会の最後に開催された記者会見で、ネラッズーリCEOジュゼッペ・マロッタは報道機関からの質問に答えた。

 「スポーツに限界を設けてはいけない。代わりに水準を引き上げる必要がある。今シーズン開始時の明確な目標は、徐々にトップに戻るための強固な基盤を持つ勝利モデルを作り上げることだ。共通の価値観を持つチームを形成するため:仕事の倫理、帰属意識、勇気、犠牲。これらは全てを我々はチームリーダーであるアントニオ・コンテの中に見つけた資質と特徴である。この旅の始まりに満足しており、コンテは自分の仕事を愛する監督で、決して満足しないという特徴を持っている」

 「明白にこの理由からコンテは困難がある瞬間に懸念を持つ。怪我が我々から選手を奪ったが、クラブ全員が困難は人生の一部であることを知っている。楽観的に1月の移籍期間を楽しみにしているよ。経済的側面が尊重されることは理解しているが、我々はあらゆる機会を掴む準備が整っている。間違いを補う必要はないが、チャンスがあれば可能な限り最善の方法でチームのサポートと強化を試みるつもりだ」

 「我々は基準を上げたい、クラブプロジェクトは明確であり、経験豊かな選手と若い才能の組み合わせで目標を達成したい。イタリアとヨーロッパの両方でベストチームの1つであるネラッズーリユース部門を非常に真剣に受け止めている。加えて才能豊富な選手が多く在籍しており、彼らの成長を支援しないといけない。夢はユース部門の選手をトップチームに引き上げることだ。エスポージトはその良い例だね」

 「ベシーノ、ダンブロージオ、センシの回復とともに、1月にサンチェスが復帰することに自信を持って待っている。移籍市場ではなく、集中を注ぐ最も重要な物事があるんだ。我々の道のりは緩やかで野心的なだが、成長しないといけない。我々は常に勝つためにプレーするが、対戦相手に対処する必要もある。インテルには成功に満ちた歴史があり、蘇寧グループは素晴らしい会社だ。お互いに多くの喜びと満足をもたらすことが可能だ」


Versión Española  中文版  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

タグ: marotta
Load More