UYL:ボルシア・ドルトムント 2-1 インテル

 後半にプレッシャーを強めたものの、マドンナ率いるU19が初めて敗北した。

 ドルトムント発 – 監督アルマンド・マドンナ率いるインテルU19にとって、遠征は悔しい結果に終わった。ドルトムントのブラッケル練習グラウンドで行われた試合で、インテルはヴェルガーニが得点したものの、BVBのクナウフに2ゴールを許し、今季のUEFAユースリーグで初めての敗北を喫した。ネラッズーリは終盤にプレッシャーを強めたものの、ホームのドイツのチームがこの試合の勝者となった。最終スコアは2-1。インテルは勝点9で依然としてグループFの1位に君臨し、ドルトムントが勝点6で2位についている。スラヴィア・プラハとバルセロナの勝点はそれぞれ3ポイントだ。

ボルシア・ドルトムント 2-1 インテル
得点者:
クナウフ(48分、63分)、ヴェルガーニ(61分)

ボルシア・ドルトムント:22 Unbehaun; 16 Terzi, 19 Thaqi, 4 Knoop, 17 Gockhan; 13 Knauff (90' 26 Rauch), 23 Schlusselbirg (76' America 6), 10 Raschl, 11 Aydinel(46' 7 Khadra); 9 Bakir (80' Hetemi 8), 18 Moukoko (90' Bohmer 15).
ベンチ: 1 Schonnenbeck, 27 Kuffour
監督:Michael Skibbe

インテル:1 Stankovic; 2 Kinkoue, 14 Ntube, 3 Colombini; 7 Persyn (79' Vezzoni 18), 17 Gianelli, 10 Lindkvist (51' Attys 8), 4 Schiró (C), 15 Burgio (76' Cortinovis 5); 11 Fonseca, 9 Vergani (76' Bonfanti 20)
ベンチ:12 Pozzer, 6 Sami, 13 Vaghi
監督: Armando Madonna

イエローカード:Gockhan, Terzi

アディショナルタイム:0+3分

主審:Mohammed Al Hakim
副審:Klyver, Beigi


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版 

Load More