ボルシア・ドルトムント 3-2 インテルの統計データ

 ドイツで臨んだチャンピオンズリーグ戦の統計データ

 ミラノ発 - チャンピオンズリーグのボルシア・ドルトムント戦は、インテルにとって3-2の敗北という結果になった。コンテ率いるネラッズーリは改善を誓い、残り2試合で勝利を目指す。Opta協力の下、ドルトムント戦のデータをまとめた。

  • ラウタロ・マルティネスは、2010年のサミュエル・エトー(4試合連続ゴール)以来チャンピオンズリーグで3試合連続ゴールを決めた1人目のインテル選手だ。
  • ラウタロ・マルティネスはチャンピオンズリーグの直近3試合にて最初のシュートを得点に繋げているが、その3ゴール全てが試合開始から25分以内に決まっている。
  • マティアス・ベシーノはチャンピオンズリーグでこれまでに2本の枠内シュートを記録しているが、その両方でゴールを決めている。
  • インテルは2011年9月のCSKAモスクワ戦以来初めて、チャンピオンズリーグで前半に2ゴールを決めた。
  • ボルシア・ドルトムントは今季チャンピオンズリーグで5ゴール挙げているが、そのうち4ゴールはアクラフ・ハキミによるものだ。
  • ラウタロ・マルティネスは昨夜インテル選手として公式戦50試合出場を果たした。同選手はそのうちの30試合に先発出場している。
  • 欧州の大会でボルシア・ドルトムントがインテルにホームで勝利したのは、これが初めてだ。それ以前のドルトムントのホーム戦績は1敗1分だった。


中文版  English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More