インテル対ヴェローナ戦に関するデータ

 Opta社の協力のもと、今週土曜日の同試合に関するスタッツを集めた。

 ミラノ発 – アウェイでのブレシア、ボローニャ戦を勝利で終えたインテルは今週土曜日のホームゲーム、対ヴェローナ戦に向けて準備を続けている。

 11月9日(土)現地時間18時00分開始の同対戦カードはセリエAで57回目の対戦となる。これまでインテルは32勝、ヴェローナは4勝、引き分けは20試合。

 インテルはセリエA直近16試合のヴェローナ戦で無敗(13勝3分)、トップディビジョンでの対戦チームの中で最長の無敗記録を保っている。インテルは直近15試合のうち14試合で2得点以上を奪っており、合計で37得点。

 リーグ戦2連勝中のヴェローナがサン・シーロにやって来る。今季はこれまで合計9失点しか許しておらず、ユヴェントスと肩を並べる数字でリーグ最高のディフェンスを誇っている。一方でコンテ率いるチームは今季リーグ戦第11節までの各試合で得点を記録。 ネラッズーリはセリエA直近4試合で2得点以上を奪っている。 インテルはアタランタと並び、最低5得点以上を決めている選手が2人いるチームである:ロメル・ルカク(9ゴール)、ラウタロ・マルティネス(5ゴール)。インテルはセットプレーから合計10得点を奪っており、今季セリエAの中で最多数。

 今季セリエAでインテルとヴェローナ(4試合)以上にクリーンシート数を達成しているチームはいない。

 ステファン・デ・フライがヴェローナ戦に出場すると、インテル選手として公式戦通算50試合出場を達成する。ミラン・シュクリニアルは100試合出場を果たしており、全試合先発出場。今季セリエAで同スロバキア選手はブロゾヴィッチ(832本)に次ぐ最多パス数を記録している(738本)。

 今季リーグ戦で9得点を決めているロメル・ルカクは次のゴールでセリエA史上最もゴールを奪ったベルギー人選手となる。現在はジョルジュ・グルンと同じ得点数。ルカクは今季昇格2チームからゴールを決めた:レッチェ、ブレシア。 

 アントニオ・カンドレーヴァは出場したセリエAのヴェローナ戦7試合で5得点に関与:2得点、3アシスト。

 両チーム監督はセリエAで最初の対戦となる。アントニオ・コンテは監督として臨んだヴェローナ戦で無敗(1勝1分)。


Versione Italiana  中文版  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

Load More