ベシーノとバレッラの一発でインテルが2-1でヴェローナを倒す

 ヴェッレのPKで先制されたインテルだが逆転勝利で勝点3を手にした。

 ミラノ発 - 歓喜の瞬間にサン・シーロが湧いた。ニコロ・バレッラの美しいカーブがかかったシュートは1秒以内にゴールネットを揺らし、その瞬間66,000人が立ち上がった。そして勝点3獲得を決める重要なゴールとなった。厳しい戦いだったが順当な2-1の勝利と言える。前半、ヴェッレのPKで失点を喫したが、ネラッズーリは個性、反撃し続ける気持ちを示した。ヴェローナの今夜の被シュート数は合計38本。最終的にアントニオ・コンテのチームは勝利を掴み、今季セリエA第12節までに勝点31を積み重ねている。

 試合はまず4分、右サイドのフリーキックからクリスティアーノ・ビラーギが直接狙うがシルヴェストリがパンチングでセーブするシーンから始まった。一方でヴェローナも6分にサルセドがペナルティーエリア付近から右足で狙うもサミル・ハンダノヴィッチが余裕を持って止める。徐々に試合の主導権を握り始めたインテルは右コーナーキックからファーポストでラウタロ・マルティネスがヘディングシュート。だがここはゴール枠外に飛ばせず(10分)。だが先に試合を動かしたのはアウェイチームだった。18分、アレッサンドロ・バストーニのパスミスからヴェローナがカウンター攻撃を仕掛け、ペナルティーエリア内でパスを受けたザッカーニを飛び出して来たハンダノヴィッチがファールで止めてしまい、主審ヴァレリはPKスポットに指をさした。そしてPKキッカーを務めたヴェッレがゴール中央にボールを蹴り込んでヴェローナが先制に成功した(19分)。

 この試合最初の得点を奪われたインテルは25分、ロメル・ルカクが2度続けて好機を迎える:左サイドからのクロスをゴール前で合わせるもシルヴェストリが体に当てて防ぎ、その数十秒後に再び左サイドからのパスを受けてゴール手前10mの位置から左足を振り抜くがゴール右に外れた。27分にはマルセロ・ブロゾヴィッチがペナルティーエリア手前からコースを狙ったシュートを放つが、クロスバーに嫌われてしまう。自陣深くに守備ラインを保つヴェローナの牙城を崩そうと試みたネラッズーリは前半終盤から攻撃を畳み掛ける。ステファン・デ・フライが強烈なミドルシュート(37分)、ビラーギの直接FK(40分)、そしてゴール手前の角度のない位置からマティアス・ベシーノがシュート(44分)。だが全てシルヴェストリに阻まれてしまう。ベシーノのチャンスシーンではボールが半分ゴールラインを越えていたが、ゴールラインテクノロジーは得点を認めなかった。圧倒的にボールをキープしているインテルは1点ビハインドでハーフタイムを迎えた。

 両チームともに選手交代なく始まった後半は前半同様にインテルの攻撃的にヴェローナゴールを目指したが、最後の部分でネラッズーリはシュートが打てない。後半最初のチャンスはルカクのシュートシーンだったがボールはゴール右に外れた(60分)。圧倒的に試合を支配したネラッズーリは62分、バストーニからのクロスからラザロ、ラザロのセンタリングからミラン・シュクリニアルが頭で合わせたがゴールとはならず。だがその3分後にホームチームがついにヴェローナゴールの扉をこじ開ける:右サイドのラザロからゴール前に上がったセンタリングをマティアス・ベシーノが高い打点のヘディングでゴール左隅に叩き込んだ(65分)。

 同点に追いつき更に勢いを増したインテルはカンドレーヴァ(70分、76分)、バストーニ(73分)がヴェローナゴールに襲いかかるも、シルヴェストリが懸命に守り切った。80分、裏に抜け出したルカクが絶好機を得たが、高くバウンドしたボールに頭で突っ込んだが飛び出して来たシルヴェストリの頭上は越えなかった。是が非でも勝点3が欲しいインテルに歓喜の瞬間がやって来る。83分、左サイドでボールを受けたバレッラがカットインから右足を一閃。ボールは美しい曲線を描いてゴール右上隅に突き刺さり、6万人を超える観客が詰めかけたサン・シーロは高揚感に包まれた。試合を引っ繰り返されたヴェローナは前線に攻め上げるも攻撃の糸口が掴めず、唯一のチャンスは途中交代で入ったステピンスキのシュートチャンスだった(90+1分)。これからインテルは代表ウィークに入り、その後は再びリーグ戦に挑む。

インテル 2-1 ヴェローナ
得点者:
ヴェッレ(19分/PK)、ベシーノ(65分)、バレッラ(83分)

インテル(3-5-2): 1 ハンダノヴィッチ; 37 シュクリニアル、デ・フライ、95 バストーニ;19 ラザロ(33 ダンブロージオ 85分)、ベシーノ、77 ブロゾヴィッチ、23 バレッラ、34 ビラーギ(87 カンドレーヴァ 63分); 10 ラウタロ・マルティネス(30 エスポージト 81分)、ルカク
ベンチ:27 パデッリ、46 ベルニ、ゴディン、12 センシ、13 ラノッキア、20 ボルハ・バレロ、21 ディマルコ、39 ヴェルガニ、40 フォンセカ
監督:アントニオ・コンテ

ヴェローナ(3-4-2-1):シルヴェストリ;13 ラフマニ、27 ダヴィドヴィッチ、21 ギュンター;ファラオーニ、34 アマラバト、32 ペッシーナ、88 ラゾヴィッチ;20 ザッカーニ(66 トゥティーノ 50分)、14 ヴェッレ(ヘンダーソン 63分);29 サルセド(ステピンスキ 84分)
ベンチ:22 ベラルディ、96 ラドゥノヴィッチ、ヴィターレ、10 ディ・カルミネ、11 パッツィーニ、25 ダンツィ、30 ウェスレイ、33 エンペロイ、98 アジャポン
監督:イヴァン・ユリッチ

イエローカード:ブロゾヴィッチ、ザッカーニ、ラウタロ、バレッラ
アディショナルタイム:1+5分

主審: ヴァレリ
副審:ボッテゴーニ、ロッカ
4審判:ディ・マルティノ
VAR & VARアシスタント:ジャコメッリ、ヴィヴェンツィ


Versión Española  English Version  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More