ミラノ新スタジアムについてアントネッロ: 「オープンな対話を」

ネラッズーリのコーポレートCEOが発言:「我々は自治体との対話を続けている」

 ミラノ発 - FCインテルナツィオナーレ・ミラノのコーポレートCEO、アレッサンドロ・アントネッロがSkyスポーツのインタビュ ーに応じ、ミラノの新スタジアムについて言及した:「幾つかの要点及び観点について明白にされる必要がある。この問題を掘り下げる為にクラブは話し合いを行なっている。秘密裏の話し合いがもたれることはない。我々は常に話し合いに応じ、構造から技術的な細部に至るまであらゆる視点に関してオープンだ」

 「我々は自治体との協議、また話し合いを続行する予定だ。ここには12億ユーロを都市に、ファンのために投資する2つの企業が関わっている。我々は常に我々をサポートしてくれる人々について考えている。その情熱に見合うだけのスタジアムが必要とされている」

 ACミランの会長、パオロ・スカローニは以下のように付け加えた:「我々は現在のサン・シーロの施設をどうすべきかについて考えねばならない:自治体の求める条件と同プロジェクトのサステナビリティを考慮した上で、古きメアッツァがどうなり、将来的にどのようになるか、明白な答えが出されることがなかった」


Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versión Española 

Load More