トリノ 0-3 インテル戦の統計データ

 ネラッズーリが3-0で勝利したスタディオ・オリンピコ・グランデ・トリノで行われた試合の統計データ

 トリノ発 – ラウタロ・マルティネス、ステファン・デ・フライ、ロメル・ルカクのゴールでトリノに3-0で勝利し、インテルの今季アウェイ戦の戦績が7戦7勝になった。Opta協力の下、この試合の様々なデータをまとめた:

  • インテルは今シーズンの13試合で11勝を挙げているが、ネラッズーリが開幕からこれほど良い戦績を収めているのは1950-51シーズン以来初めてだ。
  • 昨日のトリノ戦まで、セリエA開幕から13試合連続得点を経験したインテル監督は存在しなかった。
  • インテルがセリエAのアウェイ戦最初の7試合に全勝するのは、今シーズンが初めてだ。
  • ロメル・ルカクは今季セリエAでこれまでに10ゴール挙げている。インテル加入後最初のシーズンにセリエA最初の13試合で少なくとも10ゴールを記録した選手は、ルカク以外にはステファノ・ニアーシュ(1948-49シーズン)のみだ。
  • ロメル・ルカクは8シーズン連続でリーグ得点2桁を達成している。
  • ラウタロ・マルティネスが今季の公式戦で試合開始から30分以内に決めた得点は計8ゴールだ。
  • ラウタロ・マルティネスは2019-20シーズンのセリエAで既に6ゴール決めているが、これは昨季の同選手のリーグ得点数と同数だ。
  • 今季セリエAでこれまでに得点しているネラッズーリは11人。これは今季セリエAのチームで最多だ。
  • ステファン・デ・フライは今季セリエAで4ゴールに絡んでいる(1得点3アシスト)が、これはセンターバックとしては最も多い。
  • トリノのダニエレ・バセッリとインテルのダニーロ・ダンブロージオは昨夜の試合でセリエA 200試合出場を達成した。


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版 

Load More