インテル対SPAL戦に関するデータ

 Opta社の協力のもと、12月1日(日)現地時間15時00分から開催される同試合の全スタッツを紹介する

 ミラノ発 - プラハでの高揚感がまだ漂う中、再びリーグ戦の時間が訪れる。インテルは12月1日(日)現地時間15時からサン・シーロで今季セリエA第14節SPAL戦に挑む。Opta社の協力のもと、同試合に関するスタッツを紹介する。

過去の対戦成績

 インテルとSPALはセリエAで通算36試合を戦っている。ネラッズーリは25勝、SPALは4勝、引き分けは7試合。インテルはセリエA直近14試合のSPLA戦で無敗:11勝3分。SPALがインテル戦で2得点以上奪ったセリエAの試合は1962年12月まで遡る(3-2、インテル勝利)。SPALはそれ以降の13試合で6得点。

 インテルはセリエA直近ホーム18試合のSPAL戦で負けなし:16勝2分。ネラッズーリはセリエA直近ホーム5試合のSPAL戦で2得点以上を決めて勝利しており、直近3試合ではクリーンシートを保っている。 ​​

両チームの現在状況

 インテルは今季リーグ戦13試合で11勝。ネラッズーリは過去セリエA第14節までに12勝を収めたことがない。

 アントニオ・コンテのチームは今季リーグ戦全試合で得点を挙げている:インテルは現在セリエAで16試合連続ゴールを記録(昨季最終戦3試合を含む)。現在のセリエAチーム全体で最長の数字だ。インテルはセリエA第14節までの全試合でゴールを決めた5番目のチームになる可能性がある(ユヴェントス、ACミラン、フィオレンティーナ、ローマ)。

 インテルは直近9試合の公式戦で2得点以上を奪っている:インテルは当時ロベルト・マンチーニ監督が指揮した2007年1月以来、公式戦11試合連続で2得点以上を決めたことがない。

 SPALはパレルモ以来(2011-12シーズン)となる昇格チームではないクラブがセリエA開幕6試合(アウェイ)で勝点1しか獲得できなかったチームである。SPALは直近2試合のリーグ戦を引き分け:2018年12月以来ではリーグ戦3試合連続引き分けは記録していない。SPALは直近6試合のアウェイ戦で無得点:現在の無得点記録より長く続いたのは1963年の9試合連続)。

総合データ

 今季欧州5大リーグでSPALより総得点が低いチームはいない(8得点);さらにSPALは今シーズン、3選手しかゴールを奪っていない(レガネスと並ぶ)。

 今季セリエAでゴール得点者数が最も低いチーム(SPAL)が最もゴール得点者数が多いチームと対戦する(インテル、11選手)。

 SPALは今季セリエAで唯一ヘディングゴールを決めていないチームだ;一方でインテルは最多チーム(5得点)

 今季欧州5大リーグでインテルよりセットプレーから得点を決めたチームはない(11得点、ローマと同数)。

 今季インテル(52.6%)より枠内シュート率が上回っているのはラツィオのみ;反対にACミランだけがSPAL(38.5%)より枠内シュート率が低い。

選手情報

 インテルFW選手ロメル・ルカクは今季リーグ戦で10得点を決めており、現在のセリエAに所属する3チームより多い(SPALも含む)。

 Opta社がスタッツを収集し始めてから(2004-05)、セリエAでのPK成功率100%(3本以上)を達成しているインテル選手はロメル・ルカクラウタロ・マルティネス以外にいない(PK3本中、3本成功)。

 ラウタロ・マルティネスは今季リーグ戦の試合開始30分位内で5得点を奪っており、これはリーグ最多数。一方でロメル・ルカクは後半45分間で最もゴールを決めている選手だ(8得点)。

 ロメル・ルカクは今季これまでの得点で最もチームに勝点をもたらしている選手だ(勝点11)。一方、アシストの分野で見るとステファン・デ・フライが最多(勝点6、決勝点に繋がるパスは3本)。

 2000年以降、セリエA通算15試合出場までに10得点を決めたのは3選手:ドメニコ・ベラルディ(2013-14)、ディエゴ・ミリート(2008-09)、ルカクはセリエA通算13試合出場で10得点を達成。

 マッテオ・ポリターノは昨季サン・シーロでのSPLA戦で得点を記録。インテル選手として決めた5ゴールのうち4ゴールをサン・シーロで決めた。

 マルセロ・ブロゾヴィッチ957本)とミラン・シュクリニアル(849本)は今季セリエAで最もパス本数を記録している選手。

 アンドレア・ペターニャSPALの今季リーグ戦総得点の50%を決めている(4/8)。昨シーズン、同選手はSPAL総得点の36%を記録(16/44)。

 SPAL選手アルベルト・パオルスキはセリエA直近3試合のインテル戦で2得点を奪っている。同選手にとって最後のリーグ戦ゴールは2018年10月のインテル戦(サン・シーロ)。

 セルジオ・フロッカリはセリエAのインテル戦で2得点を記録(アタランタ時代を含む)。だが同2得点は2009年1月;それ以降のネラッズーリ戦10試合では無得点。

 フィリペ2014-15シーズンにインテル選手として4試合出場した。


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版 

Load More