コンテ「リーグ首位に戻ったことは誇りと満足感で我々を満たす」

 SPAL戦を勝利で終えた同ネラッズーリ指揮官のコメント。

 ミラノ発 - アントニオ・コンテ率いるインテルは今季セリエA第14節SPAL戦で12勝目を手にした。ラウタロ・マルティネスのドッピエッタでネラッズーリは2-1の勝利を獲得。

 今夜の勝利でネラッズーリは再びリーグ首位の座に返り咲いた。アントニオ・コンテ監督のコメント:「1日目から我々は相手に問題を起こさせるために仕事を行ってきた。ここ最近は素晴らしい仕事ぶりだが、まだ第14節を終えただけだ。リーグ首位に戻ったことは誇りと満足感で我々を満たしてくれる。なぜなら我々は順調に道を進んでいるからね。だがもっと頑張る必要があり、このポジティブな熱意を活かさないといけない。今日のような試合ではもっと上手く対処するべきだ。我々が勝利以外に相応しくない試合で、たった1つの不運な瞬間が勝点1という結果にしてしまう」

 「今日は本物のやる気があった。ユヴェントスのようなチームが勝点を落とした時、そのチャンスを必ず活かす必要がある。しかし我々は自分たちを見ないといけない。この成長の道のりをしっかり進んでいくべきなんだ。この難しい時期は我々の集中力をより高めているよ。全選手から最高の反応を得ているから、私は楽観的さ」

 最後にファンの夢を形成している2トップについて:「ラウタロとルカクはとてもハードワークしている。両選手ともに大きく成長した。最高のストライカーは前後半を通してチームのためにプレーし、常にお互いの動きを見て、助け合う選手だ。ラウタロは今日2得点を奪ったが、ルカクも最高の試合をした。彼らはまだ成長し続けることが可能な若手選手だね。大事なのは彼らが常にこの姿勢を貫くことだ」


Versión Española  中文版  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana 

Load More