ラウタロ「誇りと正しいメンタリティー」

 インテルが勝利したSPAL戦でアルゼンチン人選手がドッピエッタを決めた。

 ミラノ発 – ラウタロ・マルティネスが再びマッチウィナーに輝いた。同選手の試合開始から30分以内という早い時間帯での連続得点記録は続いている。右足シュートとヘディングによるラウタロにとってサン・シーロで初めてのドッピエッタが、粘り強く同点ゴールを狙うSPALを抑えてインテルに勝点3をもたらした。これでラウタロの今季セリエAでの得点は8ゴールとなり、このSPAL戦勝利によってインテルはリーグ首位に返り咲いた。同アルゼンチン人ストライカーはインテルTVのインタビューに対して次のように述べた:「前半の僕たちのプレーは本当に良かった。後半は少し視野が狭くなってしまったが、これは本当に重要な勝利だよ。誇りに思う。このユニフォームを着るに相応しいとピッチで示すために、毎日努力している」

 「前半は本当に良くやっていた、サイドの2人と共に前線に上がって攻撃し、高い位置から守備をした。後半はフィジカル的に、そしてたぶん精神的にも少しレベルが落ちてしまったが、ゴールを狙いすぎずにリスクを回避した。何にせよ正しいメンタリティーを保った。試合の早い時間帯にゴールすることについて?はっきりとした理由はないよ、ボールが来て得点することができた:僕たち全員が勝利を望んでいる。自分たちのファンの前では尚更だ」


English Version  中文版  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More