マロッタ「順位表は見ない、我々の成長プロセスを続けていく」

 ネラッズーリのスポーツCEOが「共通の目標は標準のレベルを上げることだ」と語った。

 ミラノ発 – SPAL相手に2-1で勝利したことにより、再びインテルがセリエAの首位になった。スポーツCEOのジュゼッペ・マロッタは試合翌日にジャーナリストの前で以下のように語った:「今シーズンにスタートした我々の旅を続けることができて、我々は幸せに思っている。この旅は蘇寧のガイドラインによって定められている。オーナーシップには大きな信頼がある、彼らは財政面の安定を保証してくれる」

 「我々には標準レベルを上げるという目標があったが、それに関しては上手く行っている。我々の仕事に対する最初の報酬を嬉しく思うが、この結果に満足してここでやめはしない。この成長プロセスによって更なる満足がもたらされるように、引き続き全力で取り組む」と述べたマロッタは、続いてアントニオ・コンテについてコメントした:「勝者として、彼は常に自分のベストを尽くそうとする。彼の言葉は、クラブと経営陣がより競争力を高めるために採用した言葉と同一だ。それに対して、選手も素晴らしい反応を示している。我々は順位表ではなく、パフォーマンスを見ている。我々にとってのキーポイントは、並外れた努力の文化だ」

 その後マロッタは1月の移籍市場に関するジャーナリストからの質問に答えた:「評価を行い、負傷という不幸な状況によって不足が生じないように、チームをサポートするつもりだ。通常なら冬の移籍市場ではそれほど多くの可能性はない。我々は楽観的だが、現実的だ。個々の人材もプロフェッショナルなチームとしても、このグループには大きな価値がある。そして監督の賢明さのおかげもあって、評価されるに値するチームであることを既に証明してみせた」

  またマロッタは、その得点力でインテルの勝利に貢献しているロメル・ルカクとラウタロ・マルティネスの好調についても言及した:「大きな価値のある2人で、相性も大変良い。監督はリソースを最大限に活かしている、だから監督の影響は重要だ。ロメルとラウタロはピッチで理解し合っているし、ピッチの外では良い友人だ。ラウタロは本当に良い若者だ。彼は、資産を消費したり選手を手放すことなく成長しようとするインテルと蘇寧に対して感謝している。我々が彼を信頼していることを、彼もわかっている」

 マロッタは最後に、セリエAの全クラブがサインを行った人種差別撲滅に関する手紙について触れた:「インテルは既に素晴らしいキャンペーンを展開している。そして今、リーグも根絶すべき現象に対するプロジェクトをスタートした」


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  中文版 

タグ: marotta クラブ
Load More