UCL:コンテ「グループステージを鑑みる限り相応しい結果とは言えない」

UCL:コンテ「グループステージを鑑みる限り相応しい結果とは言えない」

 ネラッズーリ監督のインテル対バルセロナ戦後のコメント:「選手、また素晴らしい雰囲気を生み出してくれたファンを思うと失望の限りだ」

 ミラノ発 – ロメル・ルカクの1点のみではチャンピオンズリーググループステージ最終節のバルセロナ戦で勝利を挙げるには及ばなかった。インテルは1-2でバルセロナに敗れ、グループF3位で大会を終えた。

 試合後、監督のアントニオ・コンテが語った:「我々にはこの試合に勝つチャンスがあった、それも大きなチャンスが。自分たちが作り出した好機を活かすために、少しばかりの無慈悲さと精密さを欠いてしまった。選手を責めることは全く出来ない、彼らは全てを出し尽くした。出来る限りの猛攻を仕掛け、幾つかのチャンスを逸し、我々の息の根を止める2−1のゴールを許してしまった。選手、またサン・シーロに足を運んだファンを思うと失望の限りだ。素晴らしい熱気を生みだし最初から最後まで我々を後押ししてくれた彼らにお礼を述べたい」

 「グループステージでの戦いを鑑みる限り、相応しい結果とは言えない。グループステージを通過するという大きな希望を持っていたが、残念ながら見ての通りの結果に終わった。我々は意気消沈することなく、チームを向上するために働き続ける必要がある。すぐに立ち上がり、旅を続けなければならない。容易ではない難題が待ち構えている。クリスマスまでにまだ2試合が残されており、その後数人の選手が再び起用可能となるだろう、彼らを我々は必要としている」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  中文版  English Version 

Load More