UCL:ビラーギ:「悔しいのは当然だが、前を向き日曜日の試合について考えなければならない」

 ネラッズーリのウィングバックがチャンピオンズリーグのバルセロナ戦を振り返った。

 ミラノ発 – クリスティアーノ・ビラーギがチームのパフォーマンスを振り返り、インテルTVに次のように語った:「悔しいのは当然さ。僕たちは全力で臨み全てを試みた、非難すべきことはない。今夜は落ち込むけれど、明日にはもう次の試合について考え始めなければならない。この敗北をひきずっては駄目だ。これも試合の一部だし、僕たちはプロだ。日曜日は僕たちにとってチームとしての成熟度を測る良いテストになるだろう。この試合を分析し、どの点を改善すべきか見るつもりだ。バルセロナにはクオリティーの高い選手が揃っており、何度かプレッシングをかわされて少し遅れを取った。僕たちのプレー哲学は、プレスを機能させて前線にボールを運ぶことだった。でも相手は強いチームだから後手に回ることもあった。フィオレンティーナとのアウェイ戦は難しいよ。ビックチームとの試合ではいつもスタジアムは熱狂的な雰囲気だし、それはホームチームにとって有利に働く。現在の彼らはベストな状態ではないが、だからこそ強い気持ちで試合に臨むだろう」


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versión Española 

Load More