マッチプレビュー:フィオレンティーナ対インテル

 ネラッズーリは12月15日(日)晩、スタディオ・フランキで行われるアウェイ戦に臨む。

 ミラノ発 - インテルは2019年最後のアウェイ戦に向けて準備を進めている。ネラッズーリは12月15日(日)現地時間20時45分(日本時間16日4時45分)に行われるセリエA第16節でフィオレンティーナと対戦する。

トリビア

ヘディング

 今シーズンのセリエAで、フィオレンティーナほど多くヘディングから失点(6失点)を喫しているチームはいない。対するインテルはこれまでにヘディングで6ゴールを決めているが、インテルより多くヘディングゴールを決めているのはカリアリ(7得点)だけだ。

ゴール、クリーンシート、ポゼッション

 ロメル・ルカク(10得点)とラウタロ・マルティネス(8得点)のコンビが今季これまでに決めた得点は、フィオレンティーナのチーム全体の得点と同数だ。また、ハンダノヴィッチが次に0失点で試合を終えると、同GKはインテル選手としてセリエAでクリーンシート100試合を達成することになる。

 今季セリエAで1000本以上のパスを供給しているのはマルセロ・ブロゾヴィッチ(1096)とミラン・シュクリニアル(1011)だけだ。フィオレンティーナで最も多くパスを記録しているのはミレンコヴィッチ(744)だ。

古巣との対戦

 かつてフィオレンティーナでプレーしていた現ネラッズーリは3人。マティアス・ベシーノは2015年から17年まで61試合に出場した。ボルハ・バレロはヴィオラの一員として166試合に出場して14ゴールを決め、クリスティアーノ・ビラーギはフィオレンティーナ選手として過ごした2シーズンに70試合出場2ゴール8アシストを記録した。

(インテル対フィオレンティーナ戦に関するその他のデータはこちら

現在の状況

インテル:直近5試合

インテル 1-2 バルセロナ
インテル 0-0 ローマ
インテル 2-1 SPAL
スラヴィア・プラハ 1-3 インテル 
トリノ 0-3 インテル

フィオレンティーナ:直近5試合

トリノ 2-1 フィオレンティーナ
フィオレンティーナ 2-0 チッタデッラ
フィオレンティーナ 0-1 レッチェ
エラス・ヴェローナ 1-0 フィオレンティーナ
カリアリ 5-2 フィオレンティーナ

フィレンツェで行われた過去の対戦

フィオレンティーナ 3-3 インテル
フィオレンティーナ 1-1 インテル
フィオレンティーナ 5-4 インテル
フィオレンティーナ 2-1 インテル
フィオレンティーナ 3-0 インテル

出場停止選手

 両チームとも今節に出場停止の選手はいない。
出場停止まで残りイエローカード1枚のインテル選手:バレッラ、ラウタロ・マルティネス、シュクリニアル、ブロゾヴィッチ、ダンブロージオ

審判

 日曜日の試合の主審はマウリツィオ・マリアーニ、副審はスケノーネとヴィヴェンツィ、第4審判はジャコッメリだ。VARはマッゾレーニ、VARアシスタントはパガネッシが担当する。


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versión Española 

Load More