コンテ「ローマ、バルセロナ戦同様に我々はより勝利に相応しかった」

コンテ「ローマ、バルセロナ戦同様に我々はより勝利に相応しかった」

 フィオレンティーナ戦を1-1で終えた同インテル指揮官のコメント。

 フィレンツェ発 - 終始試合をコントロールしたインテルだったが勝点3を持ってスタディオ・フランキから去れなかった。同試合後のアントニオ・コンテのコメント:「火曜日の敗戦からチームは良いパフォーマンスをしていたから、失望的だ。最近の試合を見て、ローマ戦ではすべきだった試合内容未満だったが、最終的に改善を目指す以外は出来ない。今日を含めた公式戦直近3試合で勝利できたかもしれない、2分1敗ではなくてね。だが選手たちに批判はできないよ。これは成長の過程で我々全員が我慢する必要がある。我々がただインテルと呼ばれるから毎試合勝利できる状況にはまだ到達していない」

 「多くのチャンスがあった。ドロンゴフスキは優れたプレーをして、我々はゴールを奪う機会を活かせなかったよ。我々は常にプレーをしている選手たちについて話をしている。疲労感はあったとしても多少はプレーしないといけない。残念ながらラウタロとルカクはずっと出場していて、チームを助けるために最高の仕事をしている。彼らは休めるかもしれないが、不運にもサンチェスの怪我が異なる重要な選択肢の使用を許してくれない。我々は前を見ていて、自分たちの試合をプレーするためにフィレンツェにやって来た事実から力を得られることが可能だ。92分に失点を喫して勝点3を持って去れないのは残念さ。今後もっと精確的になるために今日の試合を分析するつもりだ。


Versión Española  中文版  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More