コンテ「新しい旅を始めた」

コンテ「新しい旅を始めた」

 同ネラッズーリ監督は『Che tempo che fa』のゲストとして出演した。

 ミラノ発 – 2019年はジェノア戦の4-0という勝利で幕を閉じた。インテルはユヴェントスと同じ勝点数で首位で今季リーグ前半戦を終え、ネラッズーリ監督アントニオ・コンテはテレビ番組『Che tempo che fa』にゲストとして出演した:「私は勝利に大きく喜ばない。一方で敗戦後の感情がより長く残る。敗北は私をイラつかせるね、一時的な悲観的な時間だ。 今日は当然ハッピーだが、それを言わないでおこう。我々は新しい旅を初めて現在首位。幸運を祈り続けているよ」

 「私の全ての繋がりは個人的であれ、報道関係者であれ、常に直接的であって駆け引きをしない。ゴールと勝利時は、持つ全ての情熱を示す。前もって考えたり用意したいりしていないよ。これはただ純粋な情熱なんだ。これが私である。もし不快な思いをさせているなら、申し訳ない」

 「私はイングランドで監督をして、現地の周りの雰囲気には大変感謝できると言わなければいけない。人々はショーを楽しむために試合へ足を運ぶ。ピッチ上での選手の努力は目にできる。私は頻繁にある特定の瞬間を振り返るんだ:チェルシーが当時降格争いをしていたミドルズブラと対戦して4-1で勝利した時、 敗北したにもかかわらず、アウェイファンは勝利した私の選手たちに拍手をした。私は驚いたし、そのサポーターたちに敬意を示したよ」


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

タグ: conte
Load More