UCL:インテルとバルセロナがBUUキャンペーンの特別なキャプテンマークを巻く

UCL:インテルとバルセロナがBUUキャンペーンの特別なキャプテンマークを巻く

 ミラノ開催のチャンピオンズリーグGL最終節インテル対バルセロナ戦の試合でネラッズーリの人種差別反対キャンペーンを実施。

 ミラノ発 - 重要な試合で特別なキャンペーン。12月10日(火)現地時間21時00分、ミラノで開催されるチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節でインテルとバルセロナの主将は同じ特別なキャプテンマークを腕に巻く。両キャプテンはFCインテルナツィオナーレ・ミラノの人種差別反対キャンペーン “BUU Brothers Universally United - #NoToDiscrimination” のキャプテンマークを身に付ける。

 これは立場、態度、意向を再確認する方法である。サッカーは情熱、文化、友情。クラブ設立以降、FCインテルナツィオナーレ・ミラノはどんな種類の人種差別と立ち向かうため、常に闘ってきた。 1年前に立ち上げれた “BUU - Brothers Universally United” キャンペーンがその意味を示す。

 両クラブは10日(火)に強く明白なメッセージを世界に発信する:人種差別には「BUU」と言い、記す。キャプテンマークにも同じことが書かれている。

UCL:インテルとバルセロナがBUUキャンペーンの特別なキャプテンマークを巻く


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  Versión Española  中文版 

Load More