オリアリ「インテルは私のホームだ」

オリアリ「インテルは私のホームだ」

 ネラッズーリファーストチーム・テクニカルマネージャーのインタビュー。

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 – 今季セリエA第18節ナポリ戦で2020年をスタートするネラッズーリのファーストチーム・テクニカルマネージャーを務めるガブリエレ・オリアリがスカイ・スポーツとSportMediasetのインタビューに応じた:「ここにいれて本当にハッピーだ。私にとって家に帰って来るようなものだったからね。待ち切れなかったよ。人生の30年間をインテルで過ごした。私の家族全員がインテルを応援し、私はここで1人の人間として成長したんだ。このクラブとは非常に強力な絆がある」

 「今は2つの役割をこなしている、要求されるが大きな満足感を与えてくれる。これはFIFC会長グラヴィナとロベルト・マンチーニと同意した選択だった。契約は今年の欧州選手権まで続く、そして何が起きるか見てみよう」

 インテルの現在について:「我々は期待を越えている。我々は今の順位に立っていることは考えていなかった。まだするべき多くの仕事があるが、これまで進んで来た旅路はポジティブなものだ。数名の怪我人がいて、まだ多くの試合数が残っている。しかし物事はとても好調に進んでいるね。可能な限り高い順位に留まるように努める。我々のライバルは強いから簡単ではない」 

 冬の移籍市場について:「今のチームメンバーに満足している:このグループは最高だ。我々は一つのチームとなり、選手に称賛の言葉を贈る必要がある。加えて監督は異次元だ。彼は常に最高を達成できるように対処しているんだ。 ハードワークと自己犠牲が必要だと分かっている選手の加入には興味があるね。我々には目標がある」

 「結果がコンテを語っている。彼は細かい部分まで指示を出し、このプロジェクトに関与しているんだ:彼は正しいメンタリティーとインテルでインパクトを作り出す意向を持ってここに到着した。彼はここで大きな足跡を残したがっている。クラブの期待は非常に高く、時間を要する」

 最後にイブラヒモヴィッチのセリエA復帰について:「それに関しては嬉しいね。彼とは友好な関係性を持っていて、何より最高の想い出があるんだ。一番はパルマ対インテル戦にまつわるものだよ:彼は怪我をしていたが、ピッチに入る前にゴールを決め、スクデットを勝ち取ると言ったんだ。そして彼の言葉は現実となった」 


Versión Española  中文版  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

タグ: oriali
Load More