レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍

 新世紀のスタートにチーノがアウェイ戦3試合で5ゴール

1/36
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍
レッチェ対インテル戦の歴史:ヴィア・デル・マレでレコバが驚異的な活躍

 ミラノ発 – レッチェ戦の行われる夜、アルバロ・レコバは驚くべき巨人に変わる。レコバはアントニオ・キメンティからたった4年のうちに6ゴールを奪うというセンセーションを成し遂げたが、そのどれもが印象的かつ重要なものであり、特別なマッチデーにドッピエッタを決めた。その中の1つは、レコバのキャリア史上最高のゴールと言ってもいいだろう。フリックでディフェンダーを置き去りにし、GKの頭上を越える山なりのシュートを決めてみせた。この試合はインテルに喜びと悲しみを同時にもたらした。というのも、同試合ではロナウドが負傷したためだ。レコバはその後、2000年9月の試合で再びレッチェ相手に得点して3-1の逆転勝利(その他の得点者はコルドバとキーン)に大きく貢献するなど、ヴィア・デル・マレで素晴らしいアウェイ戦を経験した。

 その中でもチーノが最高のパフォーマンスを発揮したのは3月、自身の誕生月だ。ヴィア・デル・マレへの遠征はレコバにとっていつも以上のエネルギーをもたらしたが、そのアウェイ戦が自分にとって特別な1日に近い日程だったこともその理由の1つかもしれない。チーノは1976年3月17日にモンテビデオに生まれたが、2001年3月18日のレッチェ戦では、自身の25歳の誕生日を祝って25という数字がプリントされたシャツをユニフォームの下に着ていた。レコバ自身、これが自分にとって特別な日だとわかっていた。その1年前の2000年3月18日にはボローニャ相手に力強い直接フリーキックを決めたが、レッチェ戦でも輝かしい活躍を見せ、タルデッリ指揮下のインテルに大きなインスピレーションをもたらした。ユーゴヴィッチの素晴らしいクロスを受けたレコバは、キメンティを躱して無人のゴールにシュートを決めてまずは1-0とする。更に後半にはフリーキックを放つと、これにもジャッロロッシのGKは為す術なく、再びレコバが勝者となった。

 それから364日後の2002年3月17日、チーノは26番のユニフォームを着てチームバスを降りた。レコバは誕生日にサプライズで家族の訪問を受けた後に、このユニフォームを用意していた。この試合は最終的に2-1でネラッズーリの勝利に終わったが、ここでもレコバはベストゴールのうちの1つを決めている。自陣でボールを受けた後に独走して相手ゴールに迫り、冷静にシュートを決めてみせたのだ。

 自分の誕生日に行われる場合は特に、レコバがレッチェ戦を楽しんだことに疑いの余地はないだろう。そしてこの事実は日曜日にアウェイ戦に臨むネラッズーリにとってもポジティブな力を与えるに違いない。


English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

Load More