コンテ「常に時速200kmで戦う必要がある」

コンテ「常に時速200KMで戦う必要がある」

 1-1で引き分けたレッチェ戦後の同監督のコメント。

 レッチェ発 - 数多くのチャンスを作ったインテルだったが、今季セリエA第20節レッチェ戦は1-1の引き分けで終わった。ネラッズーリはバストーニの先制弾(71分)でリードを奪ったがマンコーズに同点ゴール(77分)を奪われた。 

 「最終試合結果は、我々が時速200kmで戦う必要があるチームであり、ペースを落とす余裕がないという事実から起こった。このようなことは起きるが、スタッツに目を向けると勝点3を手にすべきだったよ。もし我々がアベレージのペース、ゆっくりしたスピードで戦えば、普通のチームになり結果が得られないことは明白だ。今シーズン前期中は全速力、それ以上の力で駆け抜けた」

 「レッチェは今日システムを変更した、自陣に深い5-3-2フォーメーションを採用し、全スペースをカバーしていたね。相手があのようなプレーをした時は試合は難しくなる。解決策は見つけ出せたが、攻撃時は不正確だった。もっと覚悟を持って冷静になる必要があった。なぜなら我々はチャンスがあり、苦みを口の中に残した失点を喫した。移籍市場?それについて語りたくない。クラブが移籍評価を下すが、選手たちには満足している。そして自分の言葉を間違って認識させたくない。私は監督で選手の最大限の力を引き出すようにしないといけないんだ。高いアベレージポイントを保ちたいなら、最大限のまま今後も進んでいく必要がある」


Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版 

Load More