モーゼス「プロジェクトの一部に慣れたことを嬉しく思う、ファンに誇りを抱いてもらうことが目標だ」

モーゼス「プロジェクトの一部に慣れたことを嬉しく思う、ファンに誇りを抱いてもらうことが目標だ」

 29歳の同選手がインテルTVで移籍後最初のインタビューを行った:「監督とは既に話をした、スタートしてチームに貢献するのが待ちきれないよ」

 ミラノ発 – ヴィクター・モーゼスが公式にインテルの一員となった。同選手はインテル史上8人目のナイジェリア出身の選手である:「ここに来てインテルの一員となれるのはこの上ない栄誉だ。歓迎してくれた全ての人に感謝したい。スタートが待ちきれないね」と同選手はインテルTVに対し語った。

 29歳のウィンガーはチェルシーに次ぎ、ふたたびアントニオ・コンテの指揮下プレーすることとなる:「監督とまた共に働ける機会を手にしたことは、本当に嬉しいね。彼とは既に言葉を交わし、クラブでのプロジェクトについて詳しい説明を受けた。その1部になりたかった、ここに来れて嬉しいよ。全力を尽くし、チームを助けるつもりだ。このチームは多くのクオリティを有している。ここでピッチの上で貢献して、楽しみたいとおもっている。それこそが最も重要なことだ」

 またモーゼスはミラノについても言及:「とても素敵な都市のようだね。これまで目にしたものは気に入っている。ここでの時間を謳歌し、素晴らしい未来を共に経験することになるだろう。ポジティブな気分だ」。同選手は締めくくりにファンへのメッセージを口にした:「まずはここで腰を落ち着かねばならない。でもチームが可能な限り多くの勝利を収められるよう助力を惜しまない。目標を達成しファンに誇りを抱いてもらえるよう全力を尽くすよ」


Versión Española  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

Load More