ステッリーニ「試合終盤は落ち着きを欠いた」

ステッリーニ「試合終盤は落ち着きを欠いた」

 カリアリ戦後の同ネラッズーリ・アシスタントコーチのコメント。

 ミラノ発 - カリアリ戦後の記者会見に出席したのはアシスタントコーチのクリスティアン・ステッリーニだった:「コンテに話す気力がなかった、彼の状態は良くなく、シュクリニアル同様のインフルエンザに苦しんでるのかもしれない」

 「試合終盤には明快さと集中力が必要とされる。なぜならたった小さな何かが試合を変えてしまうからだ。我々はチャンスでの決定力が悪く、我試合を決めなければいけなかったよ。慌てふためく必要性はない、可能な限り最大限全てのチャンスを得る必要があるね」

 「試合終盤で同じ展開になる状況を許してはならない。これは起きてはならないことだ;この事柄に取り組む必要がある」

 試合終了直前数分間について:「主審は全員の冷静さを保つことに全く長けていなかった。彼は終始同じ物差しでジャッジをして、我々だけイエローカード4枚を受けた。後半アディショナルタイムでのピッチ上の緊張感を考えると、彼は自身のリズムを変えるべきだろうね」

 「今は再びコッパ・イタリアだ:大事な試合だ、良い試合内容をしたい」 


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española  中文版 

Load More