Lukaku on Tiki Taka: "Playing for Inter was always my dream"

ルカク「インテルでプレーすることは僕の夢だった」

 ネラッズーリFWがテレビ番組'Tiki Taka - Il calcio è il nostro gioco'に出演した。

 ミラノ発 – ロメル・ルカクがイタリアのテレビ番組'Tiki Taka – Il calcio è il nostro gioco'に出演し、長いインタビューに答えた。インテルの9番の話し相手を務めたのはピエルルイジ・パルドと元ネラッズーリ・ストライカーのクリスティアン・ヴィエリだ。

 ルカクは自分につけられたニックネームやアントニオ・コンテとの関係、自身がどのようにセリエAに順応したかについて語った:「彼らは僕をジェントル・ジャイアントと呼ぶが、僕も気に入っているよ。誰に対しても礼儀正しく、リスペクトを抱くようにしている」

 「初めてコンテと対戦したのはブリュッセルで、ベルギーがイタリアとフレンドリーマッチで対戦した時のことだった。彼が2人のストライカー、エデルとペッレを起用していたことを覚えている、彼らはたくさんのチャンスを作った。このプレースタイルなら得点するチャンスがたくさんあるし、それによって僕のプレーをより良くできると理解した。試合後に彼と話したが、将来彼の下でプレーしたいと伝えたよ」

 「セリエAはこれまでにプレーしてきたリーグとは異なる。このリーグのディフェンダーはヨーロッパで最も優れている。だからトレーニングもここでは以前と違うし、より体格が重視される。最初の2ヵ月は難しかったが、常に未来の自分がどうなれるかを考えた。僕は若いし、改善するために努力し続けたい。イングランドでは多くの試合が似ているが、ここでは毎試合違う。フィオレンティーナ戦やレッチェ戦がそうだったように、たった1つのチャンスを逃しただけで勝利できないこともある」

 イタリアに来てから数カ月しか経っていないが、ルカクは非常に良く順応しており、既に#DerbyMilanoでゴールを決めた:「素晴らしい気持ちだったよ。イタリア、そしてインテルでプレーすることは僕の夢だった。若い選手として初めて見た決勝戦は1998年UEFAカップ決勝のインテル対ラツィオだった。インテルの偉大なストライカーであるロナウドやヴィエリ、アドリアーノに憧れていたから、インテルでプレーしたかった」

 「いつも改善し続けようとするメンタリティーを持っている。26歳になったが、まだ自分の全ポテンシャルを引き出せてはいない。僕にとって最も重要なことは、まだ上手くできないところを改善しようと毎日努力することだ」

 ルカクとラウタロ・マルティネスは前線の選手としてよく理解し合っている:「加入する前に、アッピアーノ・ジェンティーレで行われたフレンドリーマッチを見学した。その時、彼がどのようなプレーをしてどのように動くかすぐにわかったんだ。僕たちが一緒に良いプレーをすればチームを助けられると思った。インテルに到着した時、彼と話してすぐに友達になれた。僕がスペイン語を話せることが役立った、ピッチでもスペイン語でコミュニケーションをとっている」

 しかしロメルはイタリア語も既に完璧だ:「弟の試合を観る時に、セリエA戦のコメントを聞いて勉強した。イタリアでの生活は素晴らしいね、僕も家族もミラノでハッピーだ。人種差別を受けたことがあるか?一度スタジアムで差別の対象になったことがあるが、それが唯一の経験になることを願っているよ。サッカーはこの国で重要だから、インテルのBUU Brothers Universally United campaignは素晴らしいと思う。戦い続けるよ、僕たち選手も状況改善のために少し努力しなければいけない」

 最後にルカクはお辞儀パフォーマンスの意味を打ち明けた:「ミラノに到着した時、多くのファンがリナーテ空港で僕を迎えてくれた。彼らは大きな愛と親愛を示してくれた。これが僕がお辞儀をする理由だよ。ファンに対する感謝なんだ」


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  中文版 

タグ: lukaku チーム
Load More