コンテ「ナポリは全てのスペースを潰したが、我々は引き分けでもおかしくない試合をした」

コンテ「ナポリは全てのスペースを潰したが、我々は引き分けでもおかしくない試合をした」

 ナポリに敗れたコッパ・イタリア準決勝1stレグ後、インテル監督は「もっと速くボールを動かさなくてはならなかった」と語った。

 ミラノ発 - コッパ・イタリア準決勝1stレグのインテル対ナポリ戦の勝敗を決したのは、ファビアン・ルイスのゴールだった。90分間試合をコントロールしたインテルだったが、57分に同スペイン人MFに失点し、そのパフォーマンスに相応しい結果を得ることはできなかった。

 アントニオ・コンテは試合後に以下のようにコメントした:「ナポリはサン・シーロで大変守備的な試合をした。メルテンスはブロゾヴィッチをマンマークしたし、ナポリ選手は自陣に引いて全てのスペースを潰した。我々はもっと速くボールを動かさなければならなかった。ナポリと、選手に確信をもってこのようなプレーをさせたガットゥーゾを祝福する」

 「確かにダービーでは大変消耗した、特に神経をとても使った。しかし日曜日に比べて5人を変更したので、足はしっかり動いていた。リーグ順位にかかわらず、ナポリが優れた選手を擁するチームだということを忘れてはならない。彼らのクオリティーは高く、そのことを彼らはユヴェントスとのリーグ戦やラツィオとのコッパ・イタリア戦で証明してきた」

 「我々にはチャンスがあったし、引き分けでもアンフェアとは言われない試合をした。ハードワークを続け、成長するためにこのような試合から学ばなければならない」と語るインテル監督は、エリクセンについての質問にこう答えた:「彼のクオリティーは素晴らしいが、今季トッテナムで出場機会が少なかったのでスピードを取り戻す必要がある。プロフェッショナルで、正しい方法でトレーニングを行っている。すぐに重要な選手となるだろう」


Versione Italiana  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

Load More