ヨーロッパリーグ:コンテ「ハーフタイム後にペースを取り戻し、多くのチャンスを作った」

ヨーロッパリーグ:コンテ「ハーフタイム後にペースを取り戻し、多くのチャンスを作った」

 ルドゴレツ相手にアウェイ勝利を収めた後のネラッズーリ監督のコメント:「我々は先に進み続け、あまりプレーしていない選手にもチャンスを与えたい」

 ラズグラト発 - UEFAヨーロッパリーグ・ラウンド32の1stレグでルドゴレツ相手にアウェイで白星を挙げ、インテルはヨーロッパの旅を勝利と共に続ける。この試合で得点したのはエリクセンとルカク(PK)だった。

 アントニオ・コンテは試合後に次のようにコメントしている:「前半のテンポはとても遅く、状況に慣れる必要があった。しかし我々はハーフタイム後にインテンシティを高め、多くの得点チャンスを作った。また我々のゲームに関して他の選択肢を持ち、状況を変えるために他のオプションも試している。だが2トップは変わらないだろう」

 先発フル出場し、ネラッズーリとして初ゴールを挙げたクリスティアン・エリクセンについて、インテル監督は「私も嬉しいよ、ゴールはいつも自信をもたらす。クリスティアンはトッテナムでの最盛期に見せたベストコンディションを取り戻すために努力を続けなければならない。彼は今日我々に見せたもの以上のことができる、だが彼が我々に何をもたらしてくれるかわかっているのでとても幸せに思う。いずれにせよ、私はインテルにとってのベストに集中している。だから彼を正しい方法と正しいタイミングで起用するつもりだ」と語った。

 チームメンバーの決定について、コンテは次のように説明した:「ヨーロッパリーグでは少しローテーションし、あまりプレーしていないがもっと出場機会が与えられてもいい選手にチャンスを与えたい。可能な限り先に進みたい、このようにやっていくつもりだ。なぜならヨーロッパリーグによって身体的にも精神的にも困難になり得るからだ」

 最後に監督はハンダノヴィッチの回復状況について言及した:「日曜日に彼が復帰できるかどうかはわからない。日々の様子を見て判断している。しかし我々はダニエレ(・パデッリ、編注)を信頼している。だからサミルがピッチに戻るのは、彼が完全に回復してからになる」


中文版  Versione Italiana  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More