ルドゴレツ 0-2 インテル戦の統計データ

ルドゴレツ 0-2 インテル戦の統計データ

 インテルが勝利した昨夜のヨーロッパリーグ戦のデータ

 ミラノ発 - ヨーロッパリーグのラウンド32・1stレグを重要な2-0の勝利で飾ったインテルが、ラズグラトからミラノに帰ってきた。2ndレグは来週木曜日にサン・シーロで行われる。Opta協力の下、ブルガリアでのネラッズーリの勝利に関するデータを紹介する。

  • インテルは今季アウェイで16試合を行っているが、その全試合で得点している:これほど長く連続して得点するのは、開幕からアウェイ戦で最終的に17試合連続得点を記録した1964年以来となる。
  • インテルは今季、開幕から今までアウェイで16試合中11試合に勝利しているが、同じ条件下でこれより良い戦績を収めたのは2006-07シーズン(12勝)のみだ。
  • クリスティアン・エリクセンは直近の欧州大会(EL + CL)4試合で2得点1アシストの計3ゴールに関与している。
  • クリスティアン・エリクセンは昨夜ネラッズーリとして9本目のシュートを記録したが、これは1月に新加入した同選手にとってインテルでの初ゴールとなった。
  • インテルは直近のラツィオ戦からスターティングメンバーを7名変更してルドゴレツ戦に臨んだ:これは今季のインテルにとって、連続する2試合間で最も多い変更だ。
  • アンドレア・ラノッキアは昨夜、インテル選手として公式戦200試合出場を達成した。
  • ロメル・ルカクが今季アウェイで挙げたゴール数はこれで14になった:欧州5大リーグでプレーする選手のうち、ルカクより多くアウェイゴールを決めているのはヴェルナー(16得点)とレヴァンドフスキ(20得点)だけだ。
  • インテルはルドゴレツ戦の前半、対戦相手に1本もシュートを許さなかった:インテルが今季同様の記録を残したのは、ルドゴレツ戦のほかには1月のカリアリ戦だけだ。
  • ロメル・ルカクはヨーロッパリーグで6試合連続で得点している:UEFAカップ/ヨーロッパリーグでこれより長く連続得点を記録したのは、2005年のアラン・シアラー(8得点)が最後だ。


中文版  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española 

Load More