インテル 2-1 ルドゴレツ戦の統計データ

インテル 2-1 ルドゴレツ戦の統計データ

 インテルが2-1で勝利したヨーロッパリーグ・ラウンド32のルドゴレツ戦2ndレグの統計データ

 ミラノ発 – カウリに先制ゴールを決められたものの、ビラーギとルカクの得点で逆転勝利を収めたインテルがUEFAヨーロッパリーグのラウンド16に駒を進めた。

 Opta協力の下、インテルが2-1で勝利したサン・シーロでの試合のデータをまとめた:

  • ロメル・ルカクは2010-11シーズンのサミュエル・エトオに次ぎ、1シーズンのうちに4つの異なる大会(予選を除く)でそれぞれ2ゴール以上決めたインテル史上2人目の選手となった。
  • ロメル・ルカクはヨーロッパリーグにおいて7試合連続でゴールを決めている:同選手の前にこれより長い連続得点を記録したのは、ニューカッスルでプレーしていた2004-05シーズンのアラン・シアラー(8試合連続、当時はUEFAカップ)だ。
  • アントニオ・コンテはインテル監督としてホーム戦19試合のうち11試合で勝利を収めている。コンテ以前にこれより良い戦績を収めたのはジョゼ・モウリーニョ(12勝)だ。
  • ロメル・ルカククリスティアンエリクセンはヨーロッパリーグにおいて、3つの異なるチームでそれぞれ少なくとも1ゴールと1アシストを記録している。同じことを4チームで成し遂げたのはイェレマイン・レンスのみだ。
  • インテルはチャンピオンズリーグとUEFAカップ/ヨーロッパリーグの決勝トーナメントにて、1stレグで勝利した19試合のうち18試合で次ラウンド進出を果たしている。
  • クリスティアン・ビラーギは昨シーズンにフィオレンティーナ選手として自己最多であるスコアポイント6を記録しているが、今季は既に5ゴール(1得点4アシスト)に関わっている。


中文版  Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

Load More