コンテ「ラムジーのゴールで試合が変わった。このような試合は我々を成長させる」

コンテ「ラムジーのゴールで試合が変わった。このような試合は我々を成長させる」

 ユヴェントス戦後のネラッズーリ監督のコメント:「ポジティブでい続け、辛抱強く我々の道を進む」

 トリノ発 - インテルはセリエA第26節、アウェイでユヴェントスに2-0で敗北を喫した。アントニオ・コンテが試合後、「先制ゴールまでは互角の戦いだった。我々は試合をコントロールし、後半冒頭は優勢だった。ラムジーのゴールが試合に対する気持ちを完全に変えてしまった。我々が気を取り直して上手く反撃することができなかった一方で、ユヴェントスはリードを奪ったことで自信をつけた」と総括した。

 現在のリーグ順位について、ネラッズーリ監督は以下のように語った:「リーグでの我々とユヴェントスの差は、直接対決で2度敗北していることによる。我々はこれまでよくやって来たが、差があることがわかった。敗北を通じて経験、クオリティ、キャラクターに関して成長することができる、だからポジティブでい続けなければならない。このような結果が我々を諦めるさせることはない、対戦相手のレベルに到達するために何が必要か理解する手助けになる。我々には大きな余白がある。旅は始まったばかりだから、長年にわたって培われてきた構造と我々を比べることはできない。厳しい努力を続け、毎年成長し続けるには忍耐が必要だ」

 最後にコンテは、現在イタリアが直面しているコロナウイルスによる緊急事態について言及した:「我々は人間だ、我々全員に家族がおり、サッカーに関すること以外で懸念を抱くのは当然のことだ。何も起きていないかのように振る舞うことも、この微妙な時期に特定の状況を管理することも非常に難しい。国民全員を守るために最適な決定がされることを願っている。これに関して責任をもって取り組んでいる機関を我々は信頼している」


Versión Española  中文版  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

Load More