ルカクの感銘的な数字

ルカクの感銘的な数字

 今季アウェイ戦で合計12得点、ロメル・ルカクは2019-20シーズン欧州5大リーグの中でアウェイ戦最多得点者だ。

 ミラノ発 – ロメル・ルカクはインテル加入後これまで公式戦35試合出場23得点を記録している。最初の得点はインテル開幕戦だった(レッチェ):ラウタロのシュートをキャッチできなかったレッチェGKの弾いたボールを同ベルギー人選手はシンプルに押し込んで、インテル初得点をサン・シーロで奪った。

 アウェイ戦でインテル背番号9は今季これまで12得点:今季欧州5大リーグで同記録を達成している選手はいない。

 ルカクのアウェイ初得点はカリアリ戦だった(パートナーのラウタロも得点を決めてインテルが勝点3を獲得)。これはアウェイ戦ゴール量産のサインとなった:FCバイエルン・ミュンヘンのレヴァンドフスキとニャブリコンビと並んで、同インテル2トップは2019-20シーズン欧州5大リーグの中で最もアウェイ戦での得点数を記録している。

 ルカクは初のミラノダービーで得点を決め、2度目のミラノダービーでもネットを揺らした。同ベルギー人選手は同じ街のライバルチームを相手に同じ方法で得点 チーム4点目 - 同ゴールは大逆転劇勝利を確実にする一発となった。

 これまでルカクはアウェイ戦でドッピエッタを4度達成。最初のドッピエッタはサッスオーロ戦:同ベルギー人選手は7分間で2得点を挙げてインテルの勝利を確実のものとした。そしてボローニャ戦では91分にPKを冷静に決めてアントニオ・コンテ率いるチームに勝利をもたらした。

 ナポリ戦でのルカクは驚異的だった:199710月以来インテルがサンパオロで勝利していなかった事実を考えると、ルカクが決めた2得点は歴史的に重要だった。最後はインテルが勝利したウディネーゼ戦で2度ネットを揺らした。

 ルカクの全アウェイ得点はこちら。


Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versión Española  English Version  Versione Italiana 

Load More