ステファン・デ・フライの数字

 同オランダ人DF選手の今シーズン。

1/16
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字
ステファン・デ・フライの数字

 ミラノ発 – これまでのステファン・デ・フライの今シーズンはシンプルで複雑だ。しかし証拠があるから簡単に証明できる:数字とパフォーマンス。難しい部分はMF選手と似たようなスタッツと性質を持ったDF選手を見つけ出すのは容易ではない。彼は明らかに最高のパフォーマンスをしている。

 Opta社の協力のもと(同記事最後のビデオを含め)、同オランダ人選手の今季これまでの成績、特にリーグ戦を主に振り返ってみよう。なぜならOpta社はスタッツに基づき同社の今季セリエAベストイレブンにデ・フライを選んでいる。デ・フライは今季リーグ戦23試合出場(22試合先発出場)、出場時間数は合計で2,005分。同選手はアントニオ・コンテが採用する3バックの中央で天性の予知能力を駆使してネラッズーリ守備陣の要として安定したパフォーマンスをしている。

 ステファンが安心感を得られ、チームをサポートするために自身のスキルを使用可能な位置が同ポジションである。インテルの攻撃は通常センターバックの同選手から始まる。スタッツがそれを高らかに語るのだ:パス成功率91.6%、1試合平均パス本数61本、その50本以上のパスが成功。さらにデ・フライはシンプルなパスを続けない:毎回簡単な選択肢を選ぶだけではなく、今季の同選手のメインとなる特性は前線に繋ぐパス能力:今季258本のパスをMF選手かFW選手に供給した。それはFW選手へのただのロングボールではなく、頻繁に相手ラインの間を通すパスだった。

 この方法でデ・フライはインテルの攻撃に非常に重要な貢献をしており、今季リーグ戦3アシストを記録:サッスオーロ戦、ブレシア戦、ヴェローナ戦。サッスオーロ戦でルカクの得点をアシストしたシーンは最高の例だ:デ・フライはセンターハーフライン付近からドリブルで進み、相手ペナルティーエリア内にいたロメル・ルカクに縦パスを送る。同ベルギー人FW選手は反転トラップからゴールを決めた。加えて今季セリエAでは2得点を決めている:トリノ戦で左足から得点、そしてACミラン戦とのミラノダービーで決勝弾となったヘディングゴール。

 しかし同選手の貢献は攻撃だけではない。デ・フライは今季セリエAで2番目に高い守備力を誇るインテルを支えている:ボールカット数は86回、ブロック数は20回。優れたポジションニングとファンタスティックな試合を読む力で今シーズンはインテルファンの称賛を獲得している。

チームとして共に。グローバルクラウドファンディングキャンペーンを通してインテルはコロナウィルスにもう一度挑む。インテルクラブの関与だけが狙いではなく、世界中のファンの協力を求めている。クリックして寄付をしよう

 


中文版  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

タグ: de vrij
Load More