アシュリー・ヤングについて知られていない5つのこと

アシュリー・ヤングについて知られていない5つのこと

 自分自身との賭け、守られた誓い、子どもの頃のヒーロー。ネラッズーリのウィングバックについての逸話

 ミラノ発 – アシュリー・ヤングのキャリアにおいて、その強い決意は重要な要素だ。プロのサッカー選手になるという目標はプランBを立てる機会を一切与えず、困難によって同選手の歩みが止まることもなかった。同選手を駆り立てるのはサッカーへの情熱だ。イングランド出身のヤングがマッチデー・プログラムのインタビューにて逸話と共に全て打ち明けた。

自分自身との賭け

「子どものころからプロのサッカー選手になるという目標を抱いていた。10歳の時に学校のキャリアアドバイザーに将来のプランについて聞かれて、サッカー選手になると答えた。彼女にプランBはあるのかと聞かれたけれど、僕の答えはノーだった。そしてすぐに僕は部屋を出た」

子どもの頃の憧れの選手

「まだ小さかった頃の僕のアイドルはイアン・ライトだ。彼は僕が応援していたアーセナルでプレーしていた。彼と同じ情熱を持つために、彼のようにゴールを決め、彼のように勝利したかった」

自身の役割の変遷

「キャリアにおいて何度も変化し、新しい自分を発見することができた。それは監督たちが、僕がピッチで様々な役割を果たせることを理解していたからでもある」

自身の心構えとポール・インス

「ピッチに立ち、チームと監督のために100%尽くす。いつもそうしてきたし、これからもそのように続けるつもりだ。ポール・インスがインテルに加入した時を覚えている、ファンは彼を愛していた。彼がピッチで見せた情熱と勝利への貪欲さは信じられないほど素晴らしかった」

遠くから見ていたセリエAをインテル選手として経験

「子どもの頃からずっと、イタリアの試合を見ていた。試合はいつも魅力的だったし、いつかここでプレーするチャンスが来るだろうかと考えていた。そして今、僕はここにいる。このクラブで過ごすことは素晴らしいし、僕もクラブの成功に貢献できることを願っている。このユニフォームを着てプレーした選手たちやクラブが今までに獲得してきたトロフィーについて考えると、僕もこのクラブの偉大な歴史の一部になったことをとても嬉しく思う」

 ネラッズーリ・ウィングのインタビューが掲載されたマッチデー・プログラムこのリンクからもう一度読むことができる。


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  Versión Española  中文版 

Load More