ラウタロ・マルティネス:数字

ラウタロ・マルティネス:数字

 ラウタロの今季リーグ戦11ゴールのうち8ゴールが試合開始30分で生まれた。

 ミラノ発 – 試合開始の笛が吹かれ、ラウタロ・マルティネスはゴールへの道を探し始める。今季セリエAで同選手は電光石火の得点で際立っている:今季リーグ戦11ゴールのうち8ゴールが試合開始30分で生まれた(全ゴールは記事下で視聴可能)。

 頻繁に先制点を奪うエル・トロはフィジカル的かつメンタル的にフレッシュさを全面に出し、どんな試合時間が早くてもゴールを奪う準備は常にできている。ラウタロ・マルティネスが同トレンドを始めたのはカリアリ戦(27分に先制ゴール)。今季前期のユヴェントス戦18分にもPKで得点し、4-3で勝利した敵地サッスオーロ戦では試合開始2分でゴールを決めて見せた。そしてブレシア戦ではゲーム開始23分で試合を動かした。

 ユヴェントス戦のPKを除いて、ラウタロが決めた電光石火の全ゴールはインテルにリードを与えている。同様にアウェイでのトリノ戦では12分、SPAL戦では16分でネットを揺らした。ホームのアタランタ戦ではキックオフから4分後、カリアリ戦では29分後に得点を決めた。

 インテル背番号10はチャンピオンズリーグでも同トレンドを続けた:カンプノウでは試合開始2分、サン・シーロでのボルシア・ドルトムント戦では試合開始22分、敵地BVB戦では試合開始5分、スラヴィア・プラハ戦では試合開始19分でゴールを挙げた:チャンピオンズリーグ4試合連続得点。過去にインテル選手で同記録を達成したのはわずかに3選手:サミュエル・エトオ(2010年)、クリスティアン・ヴィエリ(2003年)、エルナン・クレスポ(2002年)。スラヴィア・プラハ戦の得点でチャンピオンズリーグ4試合連続得点を達成した5人目のアルゼンチン人選手となった:エルナン・クレスポ(2002年)、リオネル・メッシ(6度)、セルヒオ・アグエロ(2019年)、エセキエル・ラベッシ(2013年)。


English Version  中文版  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Lautaro, gol lampo: gli 8 gol in Serie A nella prima mezz'ora di gioco

Load More