エスポージト「このユニフォームを着用することは夢と責任の両方だ」

エスポージト「このユニフォームを着用することは夢と責任の両方だ」

 同ネラッズーリFW選手がファンからの質問に答えた。

 ミラノ発 – 目標と夢、経験した特別な瞬間(インテル選手でセリエA初ゴール)。今日クラブ公式ソーシャルメディアチャンネルでセバスティアーノ・エスポージトがファンから集まった質問の中で同トピックなどについて答えた。まず最初は今季同選手が達成したこと(チャンピオンズリーグデビュー、ジェノア戦でのゴール):「 その2つはファンタスティックな経験だった。1つどちらか選ぶとしたら、セリエA初ゴールだね。ルカクが僕に自信を持ってボールにアプローチして決めろと言った。緊張はしなかったし、僕が得点することを望んでいたサポーターの応援を感じていたよ。素晴らしい感情だったし、ルカクとファンのおかげで人生の夢を叶えることができた。この成功はハードワークと多くの犠牲の結果だよ。当然もっと歓喜する瞬間を経験できればいいと望んでいる」

 エスポージトはサッカーとインテルへの深い情熱を持つ:「サッカーへの情熱は生まれつきだ。父親と家族は常にサッカーと食べ物のために生活を送っている。だからサッカーに関わらないのは難しいことだったね。インテルに関して言えば、クラブの歴史的特性が大好きだ:豊かな歴史を積み重ねることが可能なのは僅かなチームだけ。そして個人的体験もある:僕はお互いのために最善を尽くしたいと思う人々がいるファミリーに加わった、何よりこのユニフォームだ。セリエAでこのインテルカラーのためにプレーすることは全若手選手の夢さ。この機会を得られて光栄だし、このクラブをリスペクトする必要がある。そして絶対に100%以上の全力を注がないといけない」

 ネラッズーリの控室とルカクとの関係性について多くの質問があった:「ロメルと僕は最高の関係性を持っている:最初から理解はあったよ、最初のプレシーズンの練習試合だ。もし彼の特性の一つを"盗める"なら?彼の得点能力だね!得点数に関しては彼ほど成功している選手は多くない。僕らが話す時、彼は僕にもっと得点しろと促すんだ。彼とダンブロージオとは素晴らしい関係性がある。ファーストチームは両手を広げて僕を歓迎してくれて、このチームの一員であることを誇りに思う。 このユニフォームを着用することには大きな責任がある。控室では毎日アドバイスを貰っているから、改善できるね。最も大事なのはハードワークを続けて謙虚でいることさ。サッカー界で成功するためには献身性と向上心が要求される。これがスタッフとチームメイトが与えてくれた最大のアドバイスだね」

 エスポージトへのメッセージの一つがボルハ・バレロからだった:「控室では仲良くしているし、時々、彼の場所を侵略したりしている。それも恋しいし、彼のアドバイスとピッチ上での彼のサッカーが恋しいね」

 過去の憧れた選手と未来への目標:「子供の頃に憧れた選手はトッティだった。インテル加入してからエル・フェノメノのロナウドを見るチャンスは得られなかったけど、彼のビデオはたくさん見た。彼は本物の逸材だったね。あと世界最高のストライカーの1人であるディエゴ・ミリートにも言及したい。彼は3冠のシーズンに僕らを発狂されたね!過去と現在の選手から先発11人を選ぶとしたら、GKは当然ハンダノヴィッチだ。僕にとって彼は世界最高のGKの1人だよ。ディフェンスはデ・フライかサムエル、マテラッツィ、マイコンかサネッティ。あとはスタンコヴィッチ、ブロゾヴィッチ、ミリート、エル・フェノメノのロナウド、ルカク、ラウタロ・マルティネス。未来には多くの期待があるし、それが実現すると願っている。眠る時と朝起きる時はネラッズーリユニフォームと代表ユニフォームを着て何か勝ち取る夢を常に見るんだ」

 最後にエスポージトはストライカーとしての自身の役割と自分の家族、インテルファンへのメッセージを語った:「僕は攻守においてチームを助けるのが好きだから現代的なストライカーだと思う。守備の時はたくさん助けている。敵選手を追いかけるのが好きなんだ。ピッチ上ではディエゴ・ミリートの様なプレーを目指している。彼は優秀な選手だった。両親は僕を誇りに思ってくれているはずだ、僕の兄弟を誇りに思う様にね。僕にとって家族はとても重要だし、常に僕をサポートしてくれる。この期間のアドバイスは家に留まること、日常生活の中で普段出来ないことを幾つか再発見することだ。一致団結しよう。Forza!」


中文版  English Version  Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

Load More