ステファン・デ・フライについて知られていない5つのこと

ステファン・デ・フライについて知られていない5つのこと

 常に改善しようとする努力、ファンとの関係、自身にとって最高の試合。ネラッズーリDFの逸話

 ミラノ発 – チームの最後尾にいる同選手の目標はただ1つ:ゴールを守ること。ステファン・デ・フライは自分の役割に強い責任感を抱いているが、恐れは感じていない。同オランダ人DFは長年にわたり、その力と忍耐強さで多くの挑戦を乗り越えてきた。そして毎日1人の男性として、サッカー選手として成長するために努力している。

 同選手がインテルのマッチデー・プログラムのインタビューで、自身にまつわる逸話について語った。

サインハント

 「僕が若いころに住んでいた村にはフェイエノールトの選手が3人いて、僕は毎週サインをもらいに行っていた。だからそのワクワクする気持ちはよくわかる。僕はいつもファンと特別な関係を築いていた。彼らの好意を感じるのは嬉しいし、できる限り対応したい」

ネラッズーリとして最高の試合

 「ゴールを決めた#DerbyMilanoだ。そして、アディショナルタイムにアシストを記録した昨季チャンピオンズリーグ初戦となったトッテナム戦」

苦境を乗り越える強さ

 「振り返ってみれば、難しい時期が僕を最も強くしたんだと思う:何か悪いことが起こった時こそ成長して学ぶことができる。これから何か良くないことが起こるとわかった時は、これは僕が更に強くなる助けになると自分自身に言い聞かせている」

クオリティーとイタリアでの改善 

 「僕の強みはテクニックと集中力、ポジショニングだ。でもまだやるべきことはたくさんある。以前から後方からプレーするのが好きだったが、ここイタリアでは1つのチームとして動くことと戦術的な守備を学んだ。それが僕の大きな助けになっている」

強い責任感

 「僕はとても責任感の強い人間だ。僕の役割も責任が求められる:僕はセンターにいて、チーム全体が僕の前にいる。僕の近くにいる人々はとてもよく助けてくれた」

 


Versione Italiana  中文版  English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia 

タグ: de vrij
Load More