医療目的として30万枚のマスクがイタリア市民保護局に寄付

医療目的として30万枚のマスクがイタリア市民保護局に寄付

 コロナウイルスと戦うために、インテルと蘇寧グループが寄付したマスクと医療品が中国から届けられた。

 ミラノ発 - インテルと蘇寧グループが寄付した30万枚のマスクが中国北京からイタリア市民保護局に届けられた。同マスクは現在健康的緊急事態の医療のために使用される。コロナウイルスの蔓延によって生じた緊急事態と戦うための防護服や消毒製品を含む、医療製品がマスクと共に中国から届いた。同市民保護局は同製品をロンバルディア州や他のイタリア地域全体に配布するための準備を既に整えている。

 同寄付は進行中のコロナ危機と戦っている国を支援するために蘇寧グループとインテルが行なった貢献の1つ。1月にコロナウイルスが中国全体に広まったため、インテル会長スティーブン・チャンとインテルは武漢市に30万枚の医療用マスクを寄付した。

 蘇寧グループとインテルはコロナウイルスとの戦いに重要な貢献となる行動をするにあたって、時間を無駄にしていない。65万8千ユーロを集めた最近のクラブグローバル・クラウドファンディングキャンペーン#TogetherAsATeamで証明されているように、引き続き支援を続けていく。キャンペーンによって集まった募金は全額、感染症・疫学的緊急事態に関する先導的施設であるミラノのルイージ・サッコ病院生物医学・臨床科学部に寄付された。

医療目的として30万枚のマスクがイタリア市民保護局に寄付 医療目的として30万枚のマスクがイタリア市民保護局に寄付


Versión Española  Versione Italiana  中文版  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More